光(IPL)脱毛とは

ムダ毛処理方法の中でもここ数年の間で主流となってきているのが光脱毛です。従来のレーザー脱毛より、低コストでトラブルが少ないことから人気が集まっています。

光脱毛のメリットは痛みが少なくリーズナブルなところです。また、安全性が高いのも人気の秘訣です。また脱毛効果だけではなく、毛穴を引き締めてくれるなど美肌効果も期待できるのも光脱毛のメリットです。

光脱毛はエステやクリニック、脱毛の機械を販売する業者によって呼び名が異なります。フラッシュ、キセノンフラッシュ、IPL、プラズマなど、さまざまな名称がありますが、これらは全て同じ原理でキセノンランプから発せられる光を用いた脱毛方法です。

光脱毛の方法

光脱毛を行うには、エステや脱毛サロンでやってもらう方法と、家庭用脱毛器で自分で行う方法があります。

どちらも原理は同じで、大きく違う点は、サロンに通ってプロにやってもらうか、家庭で自分でやるかということです。

光脱毛の原理

そもそも光脱毛とは、その名の通り「光」を用いて脱毛する方法です。

仕組みはレーザー脱毛と同じで、光がムダ毛のメラニン色素に反応して発熱し、その熱によって毛の再生組織を破壊するというものです。

キセノンランプとは?

キセノンランプは、脱毛用のランプというわけではありません。色んなものに色んな用途で使用されています。分かりやすい物で言うと、カメラのフラッシュです。

ピカッ!と、短時間に強い光を発することが出来るのが特徴で、この特徴が黒い毛を一瞬で強く発熱させることに適しているので脱毛にも利用されています。

美肌にもいい光

フォトフェイシャル、光フェイシャルという言葉を聞いたことはありませんでしょうか?これはクリニックやエステなどで行われている美肌の施術です。

肌に光を当ててコラーゲンの生成を促進し、さらにシミやソバカス、赤みなどの改善にも効果が期待できるというものです。実はこれ、脱毛に使用されている光と同じキセノンランプから発せられる光を使用しています。光脱毛の光とフォトフェイシャルの光は、ほとんど同じものだったんですね。ですから、光脱毛を行うと美肌にも良いということが言われています。

家庭用フラッシュ脱毛器にはスキンケアカートリッジというものが使える商品があり、この美顔用のランプに付け替えるだけで光美顔器になってしまうという、とってもお得な機能です。

フォトフェイシャルに使用される光はよくIPL(インテルス・パルス・ライト)と呼ばれます。エステサロンのIPL脱毛という呼び方はこのインテルス・パルス・ライトを使用した脱毛方式だからです。

実は、クリニックでも採用されている

クリニックといえば医療レーザー脱毛、というのが常識となっていると思いますが、実はIPLを用いた脱毛を行っているクリニックもあります。

レーザーをありがたがる人にとっては、「レーザーじゃないの?じゃあ別の病院にいきます」となってしまいそうなものです。

強力なパワーを持つレーザーを使用できるというクリニックならではの特権を持っているのに、なぜわざわざ光脱毛を行うのか?不思議に思いませんか?

詳しい理由はクリニックに聞いてみないと分かりませんが、やはり日本人の肌のことを第一に考えた場合、レーザーよりもIPLの方がダメージが少なく安全だということではないでしょうか?


サロン・エステ 一覧脱毛器 一覧