ニードル脱毛とは

ニードル脱毛とは、毛穴に針を差し込んで毛根まで浸透させ、電流を流して毛乳頭を破壊させる脱毛法です。

針脱毛や電気脱毛、電気針脱毛とも呼ばれることもあります。

施術した毛穴はほぼ確実に毛乳頭を破壊することができ、毛乳頭が破壊された毛穴からはもうムダ毛が生えてくることはありません。この方法は確実に脱毛をすることができ、唯一この方法だけが「永久脱毛」と呼ぶことができます。

施術方法

毛の流れに沿って針を挿入するため、施術の前に5㎜~1cmほどムダ毛を伸ばしておく必要があります。針を毛穴に刺し電流を流した状態で10~20秒キープします。その間に電気の熱によって毛根部にダメージを与える仕組みになっています。そして次々とこの処理を他の毛穴で繰り返します。

デメリットが多い

今や光脱毛が主流になってきていますが、ひと昔前まではニードル脱毛による施術がほとんどでした。

しかし処理する面積が大きくなると、非常に高額になります。このため、今ほど脱毛が世間に浸透していませんでした。

激しい痛みを伴う点もニードル脱毛のデメリットです。これは、施術者の腕次第なところもあり、下手な人による施術で炎症を引き起こしたり赤みがなかなかひかなかったり、内出血を起こすなど、トラブルと隣り合わせであることも事実です。

さらに、毛乳頭だけでなく皮脂腺まで焼いてしまう可能性が大いにあり、肌を保湿するための皮脂が分泌されなくなり、肌の乾燥を招いてしまう副作用があります。また、汗を出す腺を刺激してしまい汗がダラダラと出やすくなってしまう可能性もあります。

エステでも施術可能?

ニードル脱毛は医療行為にあたるため、クリニックでの施術が原則です。医師以外の者がこれを行うと、違法行為になります。しかし一部の大手のエステサロンで、いまだにニードル脱毛を取り入れているところもあります。


サロン・エステ 一覧脱毛器 一覧