脱毛期間中の注意や・禁止事項

脱毛するときには、期間中にやってはいけないことがいくつかあります。光での脱毛とニードル脱毛では禁止事項が異なります。

レーザーや光脱毛の場合

日焼けしてはいけない

脱毛で照射する光は、毛の黒い色素の反応して熱を発します。この原理を利用して毛根に熱を発生させて毛乳頭にダメージを与えることで脱毛します。

脱毛中のムダ毛処理肌が日焼けして黒くなっていると、肌の黒い色素にまで光が反応してしまいます。すると、光が肌にまでかかってしまうため、パワーが分散してしまい効果が弱まってしまいます。

また、いつもより余計に肌に対する刺激が大きくなり、施術時の痛みが白い肌に比べて増してしまいます。さらに、ただでさえ日焼けにより弱っている肌に強い刺激が加わることで、肌のトラブルを起こしやすくなってしまいます。

また、施術後の肌に紫外線を浴びるとシミになりやすくなりますので、すべての施術が完了した跡もしばらくは日焼けを控えて下さい。

毛は数日前に剃る

脱毛中でもムダ毛の自己処理は必要ですが、やり方によっては肌トラブルの原因になるだけではなく、せっかくの脱毛効果を下げてしまう可能性もあるので要注意です。レーザー脱毛や光脱毛の施術を受ける際には、事前にムダ毛を処理しておく必要があります。なぜなら、レーザーや光がメラニン色素に反応するため、ムダ毛が伸びていると火傷などのトラブルの原因になるからです。

毛を抜いてはいけない

脱毛期間中にもムダ毛の自己処理は行っても問題ありません。ただし、ムダ毛を抜いて処理することはNGです。

脱毛の光は毛の黒い色素に反応します。ですから、毛がない状態では脱毛できないのです。自己処理により毛を抜き、毛根のない状態で施術を受けたとしても、毛母細胞にまで働きかけることができません。また、自己処理で毛を抜いていると、毛周期が乱れる原因となりますし、埋もれ毛の原因にもなります。

脱毛の施術を受けるまで、自己処理で毛を抜いていた方は毛周期を正常に戻すためにも、脱毛の施術期間中は、できるだけ放置しておくことをお勧めします。

ムダ毛を剃ったり焼く処理であれば行っても問題ありませんが、毛抜きや脱毛剤などでムダ毛を抜く行為だけはやってはいけません。

抑毛剤で毛の成長を抑えることも、なるべく避けてください。

毛を脱色してはいけない

ムダ毛を脱色すると、脱毛の光が反応するための黒い色素が抜けてしまうため、脱毛効果が出なくなってしまいます。

ニードル脱毛の場合

ニードル脱毛をするときには、毛に沿って針を毛穴に差し込むため、毛を少し伸ばしておく必要があります。

毛を剃って処理する場合には次回の施術時までに伸びるよう調整しなければいけません。

もちろん、毛を抜くこともしてはいけません。


サロン・エステ 一覧脱毛器 一覧