脱色剤でのムダ毛処理のメリット・デメリット

メリット

毛の色が薄く目立ちにくくなる

脱色剤を使用すると毛の黒い色素が抜けて、黄色っぽくなります。毛が肌の色と近くなるので、パッと見は、目立ちにくくなります。

デメリット

不自然に見える

脱色することで一見目立たなくなりますが、角度によっては金髪のようにキラキラ光ってしまい、不自然に見せてしまうことがあります。

下から黒い毛が伸びてくる

脱色で肌の表面に出ているムダ毛の色を薄くしても、下から黒い毛が伸びてくると目立ってしまいます。そのため、脱色前よりも不自然な感じになってしまう可能性もあります。

毛がなくなるわけではない

毛は多少目立ちにくくはなりますが、なくなるわけではないので、無駄毛が生えていることはバレてしまいます。もちろんフサフサ、モサモサといった毛を触る感触もなくなりません。

費用が掛かる

一回一回の費用はさほどでもありませんが、根元から黒い毛が伸びてくるたびに使用すれば、馬鹿にならない金額になってしまいます。

肌へのダメージが大きい

脱色剤は刺激の強い薬剤ですので、肌へのダメージもそれなりに大きいです。一時的に使用するなら軽い肌荒れ程度で済みますが、継続使用すると色素沈着やシミの原因になりかねません。

肌が薬剤に負けてしまう危険性があるので、特に敏感肌の方が脱色剤を使用する際には慎重になるべきでしょう。