除毛剤(脱毛クリーム)の選び方

このページでは除毛剤を選ぶポイントを、

  • 自分の肌質や、除毛剤の配合成分
  • 使用する部位

という項目に分けて説明します。

また除毛剤(脱毛クリーム)の有名商品と、当サイトのオススメも紹介します。

自分の肌質や、除毛剤の配合成分

ほとんどの除毛剤(脱毛クリーム)には、チオグリコール酸カルシウムという成分が入っています。これが毛を溶かす成分です。

チオグリコール酸カルシウムはタンパク質を分解する成分なので、毛を溶かすと同時に皮膚も溶かしてしまいます。そのため脱毛クリームでの肌へのダメージは避けられません。

肌へのダメージが気になる人や敏感肌の人は「敏感肌用」や「肌に優しい」と表記してある商品を選ぶと良いかもしれません。

敏感肌用

敏感肌用の脱毛クリームは、各メーカーの仕様にもよりますが、おそらく毛を溶かす成分のチオグリコール酸カルシウムの濃度をやや低くして、タンパク質結合の弱い「毛」だけに効くように調整されているものと思われます。

しかしその分除毛効果は弱くなりますので、同じだけの効果を得るためには、塗布している時間を少々長めにとる必要があります。

「肌に優しい」という表記

毛を溶かす成分である以上、肌に優しいということはありません。「肌にダメージを与える脱毛クリームの中では、比較的肌に優しい方である」という意味合いでとらえた方が良いと思います。

メーカーによって異なりますが、「肌に優しい」といえる根拠は3つあります。

チオグリコール酸カルシウムを使用

この成分を使用しているから肌に優しい、という表記をよく見かけますが、上にも述べたとおりこの成分は肌にダメージを与える成分です。

毛を溶かすことのできる成分はこの世に数多くあります。その中でも比較的肌に優しい成分であることは間違いありません。そのためほとんど全ての脱毛クリームでこの成分を使用しているので、チオグリコール酸カルシウムを使用していることは特別なことではありません。

チオグリコール酸カルシウムの濃度が低い

これは上にも書いたとおり、肌にダメージを与える成分の濃度を低くすることで、肌へのダメージと除毛効果を減らします。

美肌成分の配合

美肌効果のある成分を脱毛クリームに配合することで、ダメージを受けた肌をいたわることができます。

ただし、美肌成分を配合したからといって肌へのダメージを減らせるわけではありません。ダメージを受けた肌のケアをすることしかできません。

また、せっかく配合してある美肌成分はそのほとんどがクリームと一緒に洗い流されてしまいます。

使用する部位

ほとんどの脱毛クリームは脚や腕には使用できます。しかし、顔や脇の下、アンダーヘアのような皮膚の弱い部分には使用できないものが、意外と多くあります。

中には顔やアンダーヘアにも使用できる商品もありますので、まずご自身が体のど部位の毛を除毛したいのか、ということから、その部位に使用できることを確認してから購入することをおすすめします。

除毛剤(脱毛クリーム)の有名商品

ヴィート(Veet)とエピラット(epilat)の除毛クリームは1本当たり約800円前後と価格が安く、ドラッグストアでも手に入るので人気です。

ヴィート(Veet)

使用可能部位:顔以外
※ ナチュラルズは天然保湿成分配合

ヴィート(Veet)除毛クリーム
除毛クリーム

ノーマルなタイプです。
ラインナップ:敏感肌用、ナチュラルズ敏感肌用

ヴィート(Veet)バスタイム除毛クリーム
バスタイム除毛クリーム

シャワーに当たっても流れにくいクリームです。
ラインナップ:サプレム・エッセンス(ベルベット・ローズの香り) 、敏感肌用、ナチュラルズ敏感肌用、しっかり除毛

ヴィート(Veet)チューブフィット
チューブフィット

チューブから直接肌に塗りやすいようになっています。
ラインナップ:敏感肌用、しっかり除毛

エピラット(epilat)

使用可能部位:腕、脚、脇のみ
(ドームヘッドスピーディー敏感肌用と除毛フォームのみ、肘、膝も使用可能)

エピラット(epilat)除毛クリーム
除毛クリーム

最もノーマルなタイプ

エピラット(epilat)除毛クリームキット
除毛クリームキット

ラインナップ:トリートメントEX配合、スピーディー、敏感肌用

エピラット(epilat)除毛クリーム ドームヘッド
除毛クリーム ドームヘッド

ラインナップ:スピーディー、敏感肌用

エピラット(epilat)除毛フォーム
除毛フォーム

泡で出てきます