除毛剤(脱毛クリーム)でムダ毛処理する、正しいやり方

1.準備

肌が濡れている場合は乾かして下さい。

パッチテスト(使用前テスト)は、おそらく行っている人はあまりいないと思いますが、キチンとやった方が無難です。少量を肌に塗って洗い流す。24時間経過して異変がなければ使用OKです。

2.脱毛剤・除毛剤で毛を溶かす

肌が乾燥した状態で除毛剤を塗ります。

使用量は、ムダ毛が隠れる程度の量を使用しましょう。少ないと効果が薄いですし、たくさん付けるほど効果が高まるというものでもありません。

商品にもよりますが、5分程度時間をおくと、毛が溶けて縮れてきます。部分的に拭き取ってみて、除毛できているかどうか確認しましょう。必要に応じて10分程度まで様子を見ながら延長しましょう。

3.洗い流す

毛がちゃんと取れていたら、溶けた毛と一緒に水かぬるま湯で除毛剤を洗い流します。

このとき、石鹸やボディーソープを使ったり、ゴシゴシ洗ってしまうと、配合されている保湿・美容成分なども一緒に洗い流してしまうことになるので、勿体ないです。

かといって洗い残しがあってもいけません。除毛剤は肌にとっては有害です。

4.アフターケア

除毛剤(脱毛クリーム)は毛を溶かすと同時に肌にダメージを与えています。たとえ「肌に優しい」と書かれていても、「除毛剤の割には」ということですので、肌を傷めていることには変わりありません。

乾燥しやすい肌になっていますので、化粧水や保湿クリームなどでケアしましょう。

放置する時間は守ろう

商品の使用方法に書かれた「塗って放置する時間」は必ず守りましょう。長時間の使用は皮膚や毛穴を傷めてしまいます。もし規定の時間で満足できる効果が得られない場合は、その商品はご自身に合っていないという事になります。

温めると効果的?

除毛剤は温度が高い方が化学反応の速度が速くなり、除毛効果が高まります。だからといってわざわざ温めて使用する必要はありません。効果が高いという事はそれだけ肌に悪いということです。

もし効果が弱いと感じたら、塗って放置する時間を少し長くすれば良いのです。