電動毛抜きの選び方

電動毛抜きは、先端に付いたディスクが回転して次々に毛を挟み込んで抜いていく機械です。パナソニックのソイエが有名です。

このページでは電動毛抜きを選ぶポイントを、

  • 防水付きか防水なしか
  • アタッチメントの種類
  • 痛みを軽減する工夫
  • 処理スピード
  • 毛を抜く性能の高さ

という項目に分けて説明します。

また電動毛抜きの有名商品と、当サイトのオススメも紹介します。

防水付きか防水なしか

お風呂で使える

防水対応だとお風呂で使用することができます。お風呂の中で使用できるということは、入浴中の毛穴が開いた状態で処理が行えるということです。すると毛穴を傷めにくい、痛みが軽減されるというメリットがあります。

「泡脱毛」ができる

泡脱毛とは石鹸やボディーソープの泡をつけて電動毛抜きを使用する方法です。泡のおかげで滑りがよく、痛みがやや軽減されます。

ただし、毛が滑りやすいためか毛の抜け具合が少々悪くなります。

水洗いができる

防水付きだと水洗いができるので、機械を清潔に保つことができます。

アタッチメントの種類

上位機種には、本体のヘッド部分を交換して別の用途に使用できるアタッチメントが付いていることが多いです。

  • 角質削り(かかとの角質削りなどに使用する、回転する軽石のようなものです)
  • 回転ブラシ(肌を洗う回転ブラシです)
  • 電気シェーバー

などがよく付いています。

痛みを軽減する工夫

最近のソイエには「やわ肌ガード」という毛抜き時の痛みを軽減する工夫がされています。

毛を引っ張ると皮膚も一緒に引っ張られて余計に痛い思いをします。ですが、毛穴付近の皮膚を抑えて毛を抜くと痛みが少し軽減されます。この皮膚を押さえるという動作を、機械がやってくれます。

処理スピード

ヘッドの回転部分の幅が広い方が、脚や腕など広範囲を処理するときにはスピーディーに処理できます。

また、ソイエの上位機種にはヘッドの回転ディスクがダブルで付いていますので、何度も往復させなくても一度でより多くの毛を抜くことができるので、作業がよりスピーディーです。

毛を抜く性能の高さ

PanasonicソイエやBraunシルクエピル脱毛器は、長さ0.5mm~の毛を抜くことができるとされています。でも実際にはこれほど短い毛はやはり抜けにくいです。

電動毛抜きの有名商品

電動毛抜きでのムダ毛処理は毛穴トラブルがとても多いので、当サイトとしてはオススメはしません。

人気の高いのはPanasonicのソイエです。

Panasonicソイエ

処理可能な毛の長さ、0.5mm~
痛み軽減あり(やわ肌ガード)


ソイエ ES-ED95
ソイエ ES-ED95

アタッチメント:脚・腕用ヘッド、脇・ビキニライン用ヘッド、回転ブラシ、角質削り、電気シェーバーヘッド
13,000円~

ソイエ ES-ED62
ソイエ ES-ED62

アタッチメント:脚・腕用ヘッド、脇・ビキニライン用ヘッド
11,000円~

防水付き、充電式、ダブルディスク(回転ディスクが2つ) LEDライト搭載
ソイエ ES-WS33 ES-WS13
ソイエ ES-WS33 ES-WS13

アタッチメント:脚・腕用ヘッド
(ES-WS33(ピンク)のみ脇・ビキニライン用ヘッド付き)
5,000円~

防水なし、電源はコンセント式

Braun (ブラウン)シルク・エピル脱毛器

処理可能な毛の長さ0.5mm~
痛み軽減なし


シルク・エピル9
シルク・エピル9

付属アタッチメントは型番によって異なります。
14,000円~

シルク・エピル7
シルク・エピル7

付属アタッチメントは型番によって異なります。
11,000円~

防水付き、充電式、 LEDライト搭載


シルク・エピル5
シルク・エピル5

アタッチメント:脚・腕用ヘッド、脇・ビキニライン用キャップ
7,000円~

水洗い可、お風呂使用は不可。
電源はコンセント式