カミソリの選び方

このページでは、

  • 刃の切れ味
  • カミソリの種類(T字、I字、両刃)
  • 女性用と男性用
  • 刃の枚数
  • 替刃式、使い捨て
  • ガード付き、ガードなし

に分けて、ムダ毛処理用のカミソリの選び方を紹介します。

また女性用カミソリの有名商品と、当サイトのオススメも紹介します。

刃の切れ味

切れ味の悪い刃は、「剃る」というより「削る」、「引っ掻く」に近くなっていきます。

切れ味の悪いカミソリで綺麗に処理しようとすると、どうしても肌に押し付けて剃ることになります。するとますます肌を削ってしまいます。

シック、ジレット、貝印、フェザーなど「刃物メーカー」のカミソリが良いでしょう。

どんなカミソリでも、数回使用すると刃こぼれして切れ味が悪くなっていきます。剃り心地が悪くなってきたな…と感じたら、すぐに交換しましょう。

カミソリの種類

T字カミソリ

T字カミソリは広い面積の部位でも素早く簡単に処理できます。

主にボディー用、特に腕や脚など肌の平らな部分に向いています。細かい部分や凹凸のある部分はやりにくいです。

I字(L字)カミソリ

I字 カミソリはL字カミソリとも呼ばれます。刃の部分が折りたたまれて格納することができるものがありますが、折りたたみ式のカミソリをL字、そうでないものをI字と呼ぶ、というわけではないようです。

刃の部分が長めのものがフェイス用(顔の産毛用)、刃の部分が短めのものは眉用です。

体の細かい部分も、上手に使えればT字カミソリよりもこちらの方が使いやすいかも知れませんね。

両刃カミソリ

両刃カミソリは、カミソリの「刃」の部分だけを交換して使用できるT字カミソリです。

よく切れて、しかもリーズナブルですが、残念ながら主に男性の髭用です。

扱い方がとても難しく、すぐに血が出ます。ムダ毛処理に使えないことはないですが、オススメはしません。

女性用と男性用

男性用のカミソリの方が良く剃れてよいのでは?と考える人もいらっしゃいます。

一般的には女性用はボディー(ムダ毛処理)用、男性用は髭剃り用で、それぞれの用途に合わせて使いやすいように設計されています。そのためムダ毛の処理には女性用のカミソリを使った方が使いやすいです。

女性用カミソリの主な特徴は、

  • ヘッドの首振りが縦横360度のものがあります(男性用は縦のみ)
  • 男性用より軽く作られています
  • ヘッドが丸い(男性用は四角い)
  • 柄(ホルダー)の形状がボディー用に握りやすく作られています(男性用は髭剃り用に握りやすく)
  • スムーサー (シェービング剤)つきものが多いです

刃の枚数

女性用T字カミソリは3枚刃~5枚刃のものが主流です。では、刃の枚数で一体何が違うのでしょうか?

5枚刃

5枚刃など刃の枚数が多いほど、剃り残しが少なくキレイに剃れます。しかも刃の枚数が多い分、肌に掛かる圧力が分散されるので、肌への負担が軽減されます。

3枚刃

3枚刃など刃の枚数が少ないと、その分ヘッド部分を小さくすることができます。ヘッドが小さい方が指などの細かい部分を処理しやすいです。また一般的には刃の枚数が少ない方が、値段が少々安いです。

ムダ毛処理する部位によって5枚刃と3枚刃を使い分けても良いですし、迷ったら、間を取って4枚刃にするのも良いかもしれませんね。

替刃式か、使い捨てか

替刃式の替刃は1個200円弱~、使い捨てカミソリは1本100円未満~と、値段だけ見ると使い捨てのカミソリの方が安くてお得なように思えます。

安い使い捨てカミソリは1~2枚刃、首振りなし、切れ味が悪いなど、カミソリとしての基本性能が良くありません。

使い捨てのカミソリにも3枚刃、首振り。握りやすい柄、ガード付きなどのものもあります。ただしこのような高性能な使い捨てカミソリは値段が高いです。

同じ性能のカミソリなら、替刃式のものを選んだ方が安いです。

ガード付き、ガードなし

カミソリの刃で肌を切らないように、もし切れても深く切らないように、刃に安全ガードが付いているカミソリがあります。

ガードのついているカミソリは、ガードなしのものよりも少々「剃り味」が悪いと感じられるかもしれません。

しかし、カミソリは危険な刃物です。この先何百回、何千回と処理を繰り返す中で、ただの1回も重大なミスは許されません。そういった意味でも、安全性の高いガード付きの商品をお選びになることをオススメします。

カミソリの有名商品

カミソリでのムダ毛処理は肌の美しさを失わせる行為ですのでオススメはしていませんが、それでもやはりカミソリがいいという方もいらっしゃると思います。

当サイトでは肌への負担を少しでも軽減するため、「ガード付き」のカミソリをおすすめします。

T字カミソリ(替刃式)

人気があるのは、シック(Schick)とジレット(Gillette)。当サイトからは、ガード付きのシック(Schick)をオススメします。(T字カミソリのセーフティーワイヤーはシック(Schick)の特許です)

クアトロ4 フォーウーマン
シック(Schick)クアトロ4 フォーウーマン

4枚刃、セーフティーワイヤー付き、スムーザー付き


ハイドロシルク
シック(Schick)ハイドロシルク

5枚刃、スキンガード付き、モイスチャー美容ジェル


ヴィーナス
ジレット(Gillette)ヴィーナスシリーズ

3枚・5枚刃、ガードなし

ヴィーナスシリーズの全てのホルダーと替刃は組み合わせ自由です。

I字(L字)カミソリ

プレミア敏感肌用 Lディスポ
シック(Schick)プレミア敏感肌用 Lディスポ

安全ガードが通常のものよりも2倍細かい「マイクロガード」つきで、より肌に優しく剃り味もアップ。


ピアニィL フェイス用
フェザー ピアニィLフェイス用

ガードつき