カミソリでムダ毛処理する、正しいやり方

カミソリ決してカミソリでの処理をオススメするわけではありませんが、もしカミソリでの処理を行う場合は以下の方法で行って下さい。

1.準備

まず、処理する部分の毛を柔らかくした方が剃りやすいです。

入浴中であれば毛も水分を含んで柔らかくなっています。ただし、同時に皮膚も柔らかくなっていますので、角質がカミソリの刃で削れやすい状態でもあります。ですので、長時間湯船に浸かった後は避けましょう。

入浴時以外は、濡れタオルをレンジでチンした蒸しタオルを使うと便利です。

2.シェービングクリームを塗る

何も塗らずに直接剃る「空剃り」は絶対にしないで下さい。

必ずクリームなどシェービング剤を塗った上で行うようにしましょう。 ワセリンでも代用できます。ワセリンはドラッグストアで手に入ります。

シェービング剤には2つの役割があります。

「肌の滑りをよくする」ことと、「カミソリの刃から皮膚を守る」ことです。

入浴中にボディーソープの泡で代用する方もいますが、これはNGです。肌の滑りは良くなりますが、肌を守るものとしては、あまりにも弱いです。さらに、ただでさえカミソリで肌を傷つけているのに、その上さらにボディーソープが皮脂を奪ってしまううことで、肌の乾燥をも招いてしまいます。

3.剃る

毛の流れに沿って優しく剃ります。このとき、毛の流れと反対方向に剃る「逆剃り」はNGです。
また、肌に押しつけるようなやり方もしてはいけません。

剃り終わったらクリームなどのシェービング剤はしっかり洗い流します。拭き取りでOKな場合もあります。

4.保湿

カミソリで剃ったあとの肌は乾燥しがちです。乾燥は美肌の大敵ですので、これを放置することを続けていると肌が汚くなってしまいます。

お手持ちの化粧水や保湿クリーム、ワセリンなどで保湿して下さい。部位にもよりますが、顔ほどデリケートではない部分には、顔用の高価な保湿化粧品を使用する必要はありません。

剃毛後は湯船に入らない

入浴中に行う場合は、剃ったあとは湯船に入らないようにしましょう。細菌が侵入して炎症を起こす可能性があります。

カミソリはお風呂に置かない

お風呂は最近の感染しやすい場所です。風呂場にカミソリを置いておくと、次に使うときには細菌がいっぱい。そんなカミソリでムダ毛処理をすると、細菌に感染して炎症を起こしやすいです。

肌が敏感な時は、剃毛は避けよう

特に女性は、生理前は肌が敏感になっていますので避けるようにしましょう。

カミソリ負けの対処法

もしカミソリ負けを起こしてしまったら、保湿も殺菌もできるオロナインが有効です。ワセリンには殺菌作用がありませんが、こちらも有効です。

強力な殺菌作用を持つステロイド剤が最も効果的ですが、頻繁な使用は避けましょう。