毛抜きでのムダ毛処理アンケート 「おかめあや」さん

回答者プロフィール

おかめあや さん 「おかめあや」 さん

29歳

女性

おかめあやさん 質問1

中学2年~中学3年の時期にかけて、毛抜きでムダ毛処理を行っていました。

きっかけは脇毛が生えるようになり、気になるからでした。中学生にもなると女性ホルモンも発達してきて、また体育の授業で水泳もあったため、脇をあげたときに恥ずかしい、という思いから処理を始めるようになりました。

(現在は毛抜きで処理は行っていません)

おかめあやさん 質問2

毎日剃るほど濃くもない為、週に2~3回チェックして、気になる箇所があれば抜いていました。

メインは脇の処理であり、続いて膝の周辺、手足の指も太いのがあれば抜くようにしていました。

冬場はそこまで気になりませんでしたが、夏場は露出も増えるため、少しでも気になるようなら処理をしていました。

おかめあやさん 質問3

あまり安いと使いづらそうという思い込みから、100円均一のものではなく、ドラッグストアで売っている300~400円程度の先平・先細のタイプを使用していました。

前者は面が大きい(広い)ので、メインに使用していましたが、後者は、短くて掴みにくい毛を抜く際に使用するといったように、毛抜きを使いわけていました。

おかめあやさん 質問4

1本1本処理する為、時間はかかりますが、カミソリと違い根本から抜けるため、仕上がりはきれいだったと記憶しています(剃り残しがない為)。

ただ、肌へダメージを与えているため、抜いた箇所が赤くなることはありました。すぐに赤みがひけばよいですが、肌の弱いかたは、気になるかもしれません。

おかめあやさん 質問5

毛抜き後、しばらくかゆみが残ります。気のせいかもしれませんが、この処理を1年くらいしていたおかげで、毛が濃くなったような気がしました。(確証はありませんが。)

また、まとめて毛抜きをできない為、処理に時間がかかり、1点を見ているのも目に疲れがきます。

おかめあやさん 質問6

ムダ毛の量がかなり少ない方は、本方法で良いかもしれませんが、ある程度の毛量、時間がない方は、あまりお勧めできません。

他の処理をされている中、1本だけ太い毛が現れた、というような状況の時だけ毛抜きで処理したほうが良いかと思います。

毛抜きのコツとしては、毛穴に逆らわずに、まっすぐ、強く毛を掴み、ゆっくり抜くと、痛みが緩和されます。