毛抜きでのムダ毛処理アンケート 「トミー」さん

回答者プロフィール

トミー さん 「トミー」 さん

33歳

女性

ヨシノンさん 質問1

中学生の頃に姉妹がしているのをみて初めて見ました。

周りの友達などがオシャレやメイクなどに興味を持ちだしたりして、その話や実際にしているところをみて、自分も少しずつオシャレやメイクに興味がわきました。

簡単にできそうな感じがしたので、まずはまゆ毛からいじってみようとおもい、やりはじめたのがきっかけです。

ヨシノンさん 質問2

現在は自宅横で働いているため、休憩時間(昼休み)を自宅で過ごすことが多くなりました。そのため休憩時間にゆっくりしているときにチェックしてみて、気になるような伸び方をしていれば行っています。

大体週3日から4日はしていると思います。脱毛している場所としては、まゆ毛・脇・顔の鼻の下・顎・膝の太い毛などを行っています。

ヨシノンさん 質問3

毛抜きをいろいろ使ってみましたが、現在主に使用しているものは100円均一で売っているステンレス製の毛抜きです。値段はもちろん100円で、特徴としては一枚の板ではなくて2枚のステンレスがあわさってできたもので、先が角度のゆるいものです。

また毛を挟む部分は手前の曲がった部分と同じ角度で平らになっており、力が入りやすく、毛をしっかりと挟めるようになっています。

角度がきついだけや手前の部分と角度が異なると、力が入っても毛が切れてしまうことがあるので、そこが重要です。

ヨシノンさん 質問4

前述のように角度がそろっているため、しっかりと毛を挟むことができ、最後まで切れずに抜くことができやすいです。また細い毛でも平らな面があるので、しっかりとれます。

ただ埋まったような毛があるな場合や、中にアカ?ような白いものが入っている場合は、皮膚を傷つけやすいので、一緒にマチ針などの針を使って毛を出して、それから毛抜きを使います。仕上がりとしては満足です。

ヨシノンさん 質問5

私個人としてはしっかりとれるのでいいのですが、やはり毛を抜くと抜いた後の毛穴が開いていることが多いので、保湿などをして毛穴を閉じないと、バイ菌が入りやすいです。

時々毛の根元が膿んで腫れたり、時には膿がでることもあります。

また左右ともに自分でする場合、どうしても利き手でない方ですると取り残しや疲れやすいです。

ヨシノンさん 質問6

毛抜きですることで、しっかりとれること・しっかりとれたことの快感があり、私はそれが気に入って長年愛用しています。

ただやはり力加減が難しいので肌を痛めやすいので、肌が弱い方はやめた方がよいと思います。

またまゆ毛などは抜き続けると毛根がなくなるのか生えてこなくなった場所もあります。たくさん抜きすぎてあとで困らないように気を付けてください。

毛抜きの選び方は、先の平らな部分とその手前の角度が同じものを選ぶことをお勧めします。