毛抜き(ピンセット)でのムダ毛処理のメリット・デメリット

メリット

ムダ毛を抜いて処理するしばらくは生えてこない

毛を抜くと、部位や個人差にもよりますが、抜いた毛は数週間は生えてきません。ただし、抜いていない毛(皮膚の下まで伸びてきている毛)は生えてきます。

チクチクしない

抜いて再び生えてきた毛はカミソリで切った毛とは違い、毛の先端が細くしなやかですのでチクチクしません。

費用が安い

毛抜き用のピンセットそのものは安価なので、初期費用が安いというのもメリットのひとつです。

但し、毛抜き後はアフターケアで保湿する必要がありますので、保湿化粧品の費用が掛かります。

デメリット

毛穴に大きなダメージ

毛抜きという行為は、毛穴内部に生えている毛を引きちぎるわけですから、引きちぎった箇所に傷を付けることになります。

また、毛の根元部分は少し太くなっているので、引き抜くときに毛穴の内部や出口付近をを擦って傷を付けます。

その結果、毛穴から血が出たり、傷から細菌が侵入して毛嚢炎を起こしたり、色素沈着で毛穴が黒っぽく見えたり、毛穴自体がぷっくりと膨れあがったりしてしまいます。

痛い

一本一本抜くときに痛みが生じるのも辛いところです。

処理に時間が掛かる

一本一本、毛を抜いていくムダ毛処理方法は、とても時間が掛かります。腕や足など、広範囲に渡る部位を脱毛する際には気が遠くなる作業です。

見えない箇所はやりにくい

ワキなど自分では見えづらい部位をピンセットで処理する際には、少々無理な体勢になってしまいますね。すると途中で体勢が辛くなって長続きしないため、完璧に処理できないということもあります。