毛抜きでムダ毛を抜く、正しいやり方

毛抜き毛抜きはトラブルの多い方法です。オススメはしませんが、どうしても行う場合は正しい手順で行って下さい。

1.準備

まずは、肌を清潔にしてください。

肌が清潔でない状態で行うと、処理後の毛穴にばい菌が入って毛嚢炎を起こしてしまいます。

2.毛を抜く

毛の生えている方向に向かってまっすぐ抜きます。毛の流れには逆らわないようにして下さい。

3.アフターケア

化粧水(防腐剤フリーでないもの)を塗っておくと、少しは雑菌の繁殖を抑えることができますし、アルコール入りのものだとその効果はもう少し強いです。

また、オロナインは殺菌作用がありますし、ワセリンでも少しはバリアの役割を果たすことができます。

できれば、抜いた部分の毛穴を引き締めてあげた方が良いです。清潔な冷たいタオルや、、また水道水(流水)で冷やすという方法もあります。ただし、引き締め効果は一時的です。

毛抜き後は清潔に

処理後の肌は清潔に保つため、汚れた服を着たり、汗をかくような運動などはしないようにして下さい。

また毛抜きのあとはバイ菌が入りやすいので、プールはもちろんダメ、お風呂の湯船もばい菌がいっぱいですのでダメです。入浴は毛抜き処理の前に済ませておきましょう。

痛くない毛抜き方法

入浴、または蒸しタオルなどで温めて毛穴を開いておくと、毛を抜くときの痛みが和らぎます。

また、毛がスッと抜けずに肌が引っ張られた状態になると痛いので、毛の生え際(根元)部分の皮膚を押さえながら毛を引き抜くと痛みを感じにくいです。

うまく毛が抜けずに「ただ毛を引っ張っただけ」になると、ただ痛い思いをしただけになってしまいます。掴んだ毛は確実に抜けるように、少し高級な毛抜きを使うのも一つの手です。