トリマーの選び方

このページではトリマーを選ぶポイントを、

  • 産毛や細い毛の処理には
  • 脇毛やアンダーヘアなど太い毛には
  • 電気シェーバーでの処理の下準備に

という項目に分けて説明します。

またトリマーの有名商品と、当サイトのオススメも紹介します。

産毛や細い毛の処理には

産毛や細い毛の処理には、スティック型のトリマーが向いています。

刃が薄く細かく作られているので、このスティック型のトリマーだけでも産毛や細い毛なら十分に目立たなくなります。

フェイス用、眉用

フェイス用、眉用のトリマーは、I字カミソリのような形をしていて、使い方もI字カミソリのような使い方をします。

フェイス用のトリマーは顔の産毛用ですが、体のムダ毛処理にも使用することができます。

眉に使用する時はマユ用の短いトリマー刃に付け替えたり、マユ用のアタッチメントを付けて使用します。

ボディー用

ボディー用のトリマーは、T字カミソリのような使い方をします。最初からT字型のものもあれば、I字のヘッド部分を横向きに切り替えてT字にするタイプもあります。

T字カミソリのように使えるのでとても扱いやすいのですが、刃の部分が見えないため肌への当て具合や角度調節がうまくできず、少々使いづらいです。

「キレイに剃る」ということに関しては、フェイス用のトリマーの方が上です。

脇毛やアンダーヘアなど太い毛には

脇毛やアンダーヘアのような太くて硬い毛にも、ムダ毛処理用のスティック型トリマーを使うことはできます。

しかしトリマーの刃がキレイに剃れるよう薄く作られているので、硬い毛に使用すると切れ味が悪くなるのが早いです。

また、太い毛はゆっくり剃らないと毛が刃に噛んで、動きが止まります。

脇やアンダーのような太くて硬い毛には電気シェーバーの方が向いています。

電気シェーバーでの処理の下準備に

電気シェーバーは毛が伸びていると剃りにくいので、あらかじめ毛をある程度まで短くしておく必要があります。

その電気シェーバーの下準備として毛を短くカットするのに、トリマーが役立ちます。

電気シェーバー付属のトリマーを使う

ムダ毛処理に使用する女性用の電気シェーバーには、多くの場合その下処理用にトリマー刃が付いていますので、そちらを使用すると良いでしょう。

この電気シェーバーについているトリマーは、あくまで下処理用のですので刃が厚く荒く、これだけではキレイに処理することはできません。

その他のトリマー

電気シェーバーのように手でしっかり握って使用するタイプのものは、基本的には頭髪用のバリカンです。

ボディーグルーマーというボディー用のトリマーもありますが、これは男性の体毛用で、毛をすいたり毛の長さを揃えてカットしたりするためのもので、毛を根元から刈る処理にはあまり向いていません。

トリマーの有名商品

Panasonic フェリエ

トリマーで最も有名な商品です。

約0.12mmという薄い刃なので皮膚に近いところで毛をカットできますし、刃先が丸くなっているので肌にやさしい構造になっています。剃り味が落ちても、別売で替え刃があるのも嬉しいところです。

フェイス用でも、体にも一応使えます。

フェリエ フェイス用 ES-WF50フェリエ フェイス用

 ES-WF60はマユ用アタッチメント付き、ES-WF50はナシ


フェリエ フェイス用 ES-WF40
フェリエ フェイス用

ES-WF40


フェリエ ボディー用
フェリエ ボディ用 ES-WR40

刃の部分がクルッと回って、T字とI字に切り替えが可能です。刃が見えないので使い勝手はあまり良くありません。