脱毛ワックスやテープでのムダ毛処理のメリット・デメリット

メリット

ワックスで脚スベスベ毛がしばらく生えてこない

毛を根元から引き抜くので、次に毛が生えてくるまで猶予があります。個人差があるので一概には言えませんが、抜いた毛は通常2週間~くらい生えてきません。

チクチクしない

抜いてまた生えてきた毛は剃った毛とは違い、毛先にチクチクした感じがありません。

毛抜きよりも楽で早い

一本一本地道に毛を抜いていく作業は本当に大変です。でもワックスなら広範囲のムダ毛を一気に抜くことができます。

デメリット

ワックスやテープでムダ毛処理毛穴のダメージが大きい

ワックス脱毛やテープでのムダ毛処理のデメリットは、毛穴へのダメージです。ダメージの大きさは一本一本行う毛抜きよりも大きいです。何度も繰り返していると、毛穴が黒く汚くなってしまいます。

皮膚へのダメージも

毛穴だけでなく、ワックスをを剥がす際にどうしても肌にもダメージを与えてしまいます。また、素人が強力なワックス剤を使うと最悪の場合、皮膚を剥がしてしまうこともあるようです。

溶かして使うワックスを用いた場合には、慣れていないと温度調節が分からず肌をヤケドしてしまうことがあります。

剥がすときに痛い

もちろん、肌に貼って剥がすので激しい痛みがあります。毛を抜く痛みと、皮膚からテープを剥がす痛みのダブルの痛さです。

毛を伸ばさなければ処理できない

使用するワックス剤にもよりますが、処理するときは最低でも5mm程度、毛を伸ばしておかなければいけません。ムダ毛はある程度の長さがないとワックスに絡まず、毛を引っ張ることができないからです。

ムダ毛を伸びたままにしておかなければいけないというのは、肌の露出の多い夏場などは少々キツいですね。

費用は安くない

ワックスもテープも、一回分は数百円と高くはありません。しかし処理する箇所が多かったり、何度も行うことを考えると決して安いとはいえません。