脱毛ワックスやテープでムダ毛を抜く、正しいやり方

ワックス脱毛ワックスや脱毛テープは、あまりやっていただきたくないムダ毛処理方法です。オススメはできませんが、どうしてもやる場合は、準備やアフターケアはしっかりと行って下さい。

1.準備

毛を抜く処理の後は、感染症を防ぐため入浴ができません。できるだけ入浴後にすると良いです。そうすることで毛穴が開いていてやりやすいので、一石二鳥です。

濡れた肌はワックスの前に十分に乾かして下さい。

2.ワックスを塗る(貼る)

  • 固形ワックスの場合は、ワックスが固まっているので専用のウォーマーで温めながら使用します。
    スパチュラ(ヘラ)を使って肌にワックス剤を塗ります。
  • 油性ワックスは温めてから、水性ワックスはそのまま肌に塗ります。
    次にその上から専用のシート(ペーパー)をあてます。
  • ワックスシートは空気が入らないように密着させて貼ります。

3.ワックスを剥がす

毛の生えている方向とは逆方向に、一気に剥がします。

皮膚にワックス剤が残ることがあります。水性ワックスは水で洗い流せますが、油性ワックスはクレンジング剤が必要です。

残ってしまった毛は一本一本、毛抜き(ピンセットなど)で処理します。

4.アフターケア

ワックス脱毛後の毛穴や肌は大きなダメージを受けています。乾燥しやすく、また細菌の侵入を防ぐ力が弱くなっています。

殺菌作用のあるアルコール入りの化粧水やオロナインを使用する、もしくはワセリンやお手持ちの化粧水などで保湿するなど、アフターケアをしっかり行うようにして下さい。