毛抜きの選び方

このページでは毛抜きを選ぶポイントを、

  • 先端の形状
  • 値段の違い

という項目に分けて説明します。

また毛抜きの有名商品と、当サイトのオススメも紹介します。

先端の形状

先平

これが一番ノーマルな毛抜きです。先端部が平らになっていてある程度幅がありますので、一度に数本の毛をまとめて引き抜くこともできますし、多少狙った位置とズレても毛抜きの幅に収まっていれば毛を掴むことができるので便利です。

先斜め

先端がやや斜めになっていることで角度が尖った角と、角度が緩やかな角ができます。この尖った方で毛を掴むことで、狙った毛を正確に掴みやすいのが特徴です。

また、毛抜き自体を斜めにして使用できますので、狙った部分を見やすいのも特徴の一つです。

先丸

先端が丸くなっていることで、毛に対してどのような角度でも毛を掴むことができます。

先細

先が細いと毛を一本一本正確に掴む必要がありますので、広い面積の毛抜き作業には向いていませんが、ピンポイントの毛だけを抜くことができるので眉などの毛のデザインをするときに便利です。

値段の違い

毛抜きには100円程度で買えるものから1万円以上もする高級毛抜きがあります。たかが毛を掴んで抜くだけの道具になぜこんなに値段の差があるのか?安い毛抜きと高級毛抜きの違いについて説明します。

毛の掴み心地が違う

  • 高級毛抜きは先端部分の噛み合わせがピッタリと合わさり、その隙間はゼロに等しくわずかな光さえも通しません。
  • 高級毛抜きは毛を掴んだ時の、指で持つ部分のしなり具合まで計算されて作られています。

そのため小さな力でも毛をしっかりと、ガッチリと掴むことができます。すると、

  • 毛が途中で切れにくい
  • 抜き損じで痛い思いをすることが少ない
  • 長時間の毛抜き作業でも疲れにくい
  • サクサク抜けるので作業がスピーディー

というメリットが生まれます。

高級毛抜きは長持ちする

安い毛抜きは毛を掴みにくいので、ギュッと力を入れて毛抜きを扱ったりしがちです。すると力の入れすぎで毛抜き自体が歪んできて、徐々に毛を掴みにくくなってきます。すると人は、今度はそれを直そうと金属を無理やり曲げて戻そうとします。こうしているうちに毛抜きはどんどん噛み合わせが悪くなっていき、使い物にならなくなります。

高級毛抜きは力を入れなくても毛がスッと抜けるので、力の入れすぎで毛抜きが歪んでしまうことがありません。また毛抜き自体が頑丈にできているので歪みにくいです。

通常の毛抜きはどんどん抜き心地が悪くなっていくものですが、高級毛抜きが一本あれば長い間ベストな状態で使い続けることができます。

毛抜きの有名商品

「毛を抜く」という行為自体が毛穴を傷めてしまう原因ですので、毛を抜くムダ毛処理方法はおすすめしません。

それでももし毛抜きを行うのであれば、なるべくスッと抜けるものをお選びください。数千円もする高級なものは必要ないと思いますが、800円くらいならかけても良いのでは?

ムダ毛処理する部位や使い方が人それぞれ異なりますので、どの毛抜きが使いやすいかも人それぞれです。

ここでは、名前のよく挙がる有名な毛抜きを紹介します。

化粧品メーカーの毛抜き

化粧品メーカーの毛抜きは、眉毛やまつ毛のお手入れに使用するためのものなので毛先が細めに作られていて、どのメーカーも先が斜めです。

アイブローニッパーズ211
資生堂 アイブローニッパーズ211

先斜め 価格:1,200円~


DHC毛抜き
DHC毛抜き

先斜め 価格:700円~


ファンケル ツィザー
ファンケル ツィザー

先斜め 価格:800円~


アテニア ツィザーアテニア ツィザー

先斜め 価格:800円~

刃物メーカーの毛抜き

刃物メーカーの金属を加工する技術を生かして作られた毛抜きです。

関孫六
貝印(KAI)

関孫六シリーズなど 価格:1,000円~


驚きの毛抜き
グリーンベル

驚きの毛抜きシリーズなど 価格:700円~


ゼニス
ゼニス社(ZENITH)

価格:1,000円~


ニゲロ社の毛抜き
ニゲロ社(Niegeloh)

価格:1,000円~

精密機械用ピンセットメーカーの毛抜き

主にスイスなど精密機械が盛んな地域では、それを扱うための精密なピンセットを作る会社があります。

ルビス コスメピンセットルビス社(rubis)

価格:3,000円~


レジンの毛抜き
レジン社(REGINE)

価格:3,000円~


NOOK(ヌーク)

ヌーク

先端が丸い面で毛を掴む構造になっている、少し変わった毛抜きです。
価格:2,000円~

高級毛抜き

高級毛抜きはどれも、一枚の金属を叩いて作られる日本の伝統的なU字型の毛抜きです。基本的には先平で、先太や先細いろいろあります。

倉田製作所
倉田製作所

明治8年創業の三代目、倉田義之氏の有名な毛抜きメーカーです。
価格:5,000円~20,000円


まんぽう毛抜き
倉田満峰製作所

「まんぽう毛抜き」の愛称で有名な毛抜きメーカーです。ちなみに倉田満峰氏は倉田義之氏のいとこ。
価格:5,000円~18,000円


うぶ毛や毛抜き
うぶけや

天明3年創業の刃物メーカーです。高級毛抜きの中ではリーズナブルな価格です。
価格:3,000円~10,000円