アンダーヘアの処理・お手入れ

アンダーヘアアンダーヘアは多くの女性が悩みを抱えている部位です。

  • 毛が濃いのが恥ずかしい
  • 下着からはみ出てしまう
  • 生理のときに邪魔

など、抱える悩みは様々です。

少し前まではみんなボサボサ状態で処理する人は少なかったアンダーヘアですが、最近では日頃からお手入れしていらっしゃる方も増えいますね。

でも、

  • 処理してはみるものの、自分のやり方が正解かどうか分からない
  • 正しいやり方が分からない、でも人に聞くこともできない

という人も多いようで・・・。

また、デリケートゾーンとも呼ばれるようにアンダーの皮膚はデリケート。
しかも処理の難しい部分でもありますので、

  • 処理しても黒いポツポツになって見苦しい
  • カミソリで剃っていたら色素沈着で黒ずんでしまった
  • 毛を抜いたら赤く腫れて、治っても跡が残ってしまった

など、処理トラブルが多いようです。

男性から見る女性のアンダーヘア

男性は、女性のアンダーのムダ毛について気になることが多いようです。

いろんな口コミやアンケートを見ますと、毛量が多くてモジャモジャ、ハミ毛に幻滅、毛にトイレの紙が絡まっていて・・・、ニオイがこもって・・・、などいろんな不満がみられます。

処理したアンダーヘアについても、チクチクする、黒いポツポツにゲンナリ、処理しすぎで皮膚が汚い、などなど、処理方法が間違っていると結局は不満があるようです。

ですが、それを彼女に指摘することはほとんどありません。「言いたい」のはヤマヤマだけど・・・、彼女を傷つけてしまう恐れがあるので「言えない」のです。

「言われたことないから大丈夫♪」と勘違いして処理が不十分だと、「不運な結果」を招いてしまう恐れがありますので、手を抜かず、きちんと処理するようにしましょう。

ハイジニーナとは?

ハイジニーナとは、アンダーヘア(VIO)を全てツルツルの無毛にすることです。もともとは「衛生的な」という意味の「ハイジーン」から来ています。

日本でもハイジニーナにする人が増えてきてはいますが、まだまだ浸透はしておらず、温泉などではちょっと見られるのが恥ずかしいですね。

Vライン(ビキニライン)

VラインVラインは正面から見た三角部分の毛。

水着や下着のビキニラインからの「はみ出し」や、生地からの毛の「突き出し」は、見つかると笑われたり、彼をゲンナリとさせてしまいかねません。

そのため、水着やかわいい下着の着こなしにはVラインのムダ毛処理は必須といえるでしょう。

最近では、日頃から小さくカワイイ形に整えている女性が増えてきましたね。

しかしデリケートな部分ですので処理が難しく、処理トラブルでVラインが汚くなってしまっている女性が少なくないようです。

Iライン(性器周り)

IラインIラインは性器周りの毛のこと。

この部分のムダ毛も、水着や下着からはみ出してしまうので、注意しましょう。

毛の多い人だとパンツがモコモコと盛り上がってカッコ悪い、蒸れて雑菌が繁殖しやすい、生理のときには不快感を生む、などの理由で、多くの女性にとっては悩みの種の一つとなっています。

また、男性からも不人気な毛の一つでもあります。

そのため、Iラインの毛を「不要」と感じて、処理して無くしてしまっている女性も少なくありません。

Oライン(肛門周り)

OラインOラインは肛門周りの毛のこと。

肛門周りのムダ毛は、処理が必要なほど濃いという女性は多くはありません。

しかし「他の女性には生えていない毛」なだけに、生えている女性にとってはとても大きなコンプレックスになっているようです。

生えていると見た目に恥ずかしいだけでなく、ニオイがついてしまう心配もあります。

特に、男性を意識した場合には「絶対にあってはならない毛」だといえるでしょう。

かといって一人では処理しにくい部位ですので、Oラインのムダ毛に悩む女性は少なくないようです。