毛抜き(ピンセット)の特徴

毛抜き毛抜きは、ピンセット(ツィザー)で、毛を1本1本引き抜くムダ毛処理方法です。

毛を根元から抜くのでしばらくは生えてきませんし、生えてきた毛も先が細くチクチクしにくいです。

しかしその反面デメリットがとても多く、何よりも困るのが、毛穴がどんどん汚くなっていき、一度汚くなった毛穴は元に戻にくいことです。

毛抜きは、絶対にやって欲しくないムダ毛処理方法の一つです。

当サイトからの評価

仕上がり仕上がりの良さ
★★★☆☆ 3pt

毛抜きでの処理イメージ毛は抜いたら無くなります。全部抜いたらキレイさっぱりです。毛が伸びてきても毛先が細くしなやかでチクチクしません。
ただし、埋もれ毛(埋没毛)ができやすく、毛穴がポツポツとして見ることも…。そうなると見た目もよくありませんね。

仕上がり肌ダメージの少なさ
★★★★★ 5pt

皮膚にダメージはありません。

毛穴ダメージ毛穴ダメージの少なさ
★☆☆☆☆ 1pt

毛穴へのダメージはかなり大きいです。毛を引き抜くことでのダメージもありますし、抜いた毛穴に細菌が感染して炎症することもあります。また埋もれ毛が毛穴内部を変形させてしまうことも。
繰り返すと毛穴がどんどん汚くなる恐れがあります。

費用費用の安さ
★★★★★ 5pt

使うのは毛抜き一本。あまり安すぎるものよりは、1,000円弱くらいのものが良いでしょう。
アフターケアの化粧品も必要ですね。

手間手間の少なさ
★☆☆☆☆ 1pt

毛抜きで一本一本抜いていく作業は大変です。1回の処理には、途方もない時間が掛かります。
でも抜いた毛は数週間生えてきませんので、処理する頻度は少ないです。

やり方のポイント

毛抜きでムダ毛処理、やり方

  • 毛抜き前に、まずは肌を清潔にしましょう。
  • 抜く方向は毛の流れ(毛穴の向き)に沿って。逆向きに抜くと、もっと毛穴を傷めます。
  • 毛抜き後は、流水や冷たいタオルなどで冷やすと、一時的に毛穴が引き締まります。
  • 毛抜き後は感染症を防ぐため、肌を汚さず、清潔を保ってください。
  • できれば殺菌作用のある化粧品や医薬品でアフターケアをしっかりと。

よく起こるトラブル

毛抜きで起こるトラブル

埋没毛

埋没毛

埋没毛は、皮膚の内側(毛穴の中)で毛が伸びてしまうトラブルです。

毛を引き抜くときに、太い毛根が毛穴内部を傷つけ、その傷が癒着したり、かさぶたができるなどして、毛が皮膚の外に伸びるのを妨げてしまうことで起こります。

また毛抜きが失敗して途中で切れると、切れた毛先が毛穴内部で引っかかり、別の方向に伸びてしまうことでも起こります。


毛嚢炎

毛嚢炎

毛嚢炎とは、毛穴が炎症を起こすトラブルです。毛を無理矢理引き抜くことで毛穴内部に傷がつき、そこから細菌が侵入することで起こります。ニキビのようにぷくっと膨れあがり、治っても跡が残ってしまうことがあります。


色素沈着

色素沈着

毛を抜く行為は、毛穴内部に刺激を与えます。その刺激に反応してメラニン色素を生成され、これが何度も続くと色素がその部分に沈着してしまい、なかなかとれなくなってしまいます。


黒いポツポツ

黒いポツポツ

毛抜きを続けていると、毛穴がどんどん広がってしまいます。広がった毛穴には角栓が溜まりやすく、角栓は酸化すると黒く変色して、黒いぶつぶつに見えます。

また、毛抜きで起こった埋没毛が皮膚の下でクルクルと伸びると、これも皮膚を通して黒く映ります。

さらに、毛抜きを繰り返すと毛穴の出口がぷっくりと膨れあがってきてしまいます。膨れあがった毛穴の中に見える毛は、より黒い色が目立ってしまいます。


出血

血が出る

毛を引き抜いた毛穴から血が出ることがあります。

毛抜き(ツィザー)の選び方

毛抜き選び

毛を掴む部分の形状にもいろいろあります。
一般的な平たいタイプや、斜めになっているタイプ、丸くなっているタイプなど様々です。
先広め、先細めという選び方もあります。

力を入れやすいのは先平タイプ。掴む毛を見やすいのは先斜めタイプ。先丸タイプはどんな角度でも毛を掴むことができます。

どのタイプを「使いやすい」と感じるかは人それぞれですので、実際に使ってみて判断しましょう。

数千円もする高価な毛抜きもあります。値段の高いものは毛を掴みやすく、力を入れなくてもしっかりと毛を挟み込んで離しません。でも、千円弱のもので十分だと思います。