脱毛器、サロン、クリニックの違いを比較

脱毛サロンとクリニック、また家庭用の脱毛器と、どれが一番良いのか迷う方も多いでしょう。パワーや安全性などいろんな項目でそれぞれに違いがありますので、その違いを比較してみましょう。

ここでは、家庭用フラッシュ脱毛器、サロンの光(IPL)脱毛、クリニックのレーザー脱毛で比較しています。
※ ★は、当サイトからの評価です。

脱毛パワー(処理1回あたりの)

脱毛器 - ★★★☆☆
パワーでいえばこの中では最も低いといえます。ですが、中には出力調整を最大にしなくても十分なパワーを持っている優れた商品もあります。

サロン - ★★★★☆
医療機関ではないので、安全性を重視した出力設定となっています。

クリニック - ★★★★★
医療機関ですので、非常に強力な最大出力を持つ医療レーザーを使用することが出来ます。ただし、最大出力では確実に大やけどを起こしてしまいますので、パワーはセーブして照射されます。

完了までの期間の早さ

脱毛器 - ★★★★★
ハイパワーではありませんが、自分で持っているので2週間に一度など短いスパンで何度も処理を行えるので、効果的に毛を薄くしていくことが出来ます。 早い人は半年~で満足出来る状態になるようです。

サロン - ★★★☆☆
だいたい2ヶ月に1回のペースで、1年でムダ毛処理がずいぶん楽に、2年で満足、3年でツルツルという人が多いようです。

クリニック - ★★★★★
2ヶ月に1回処理して、1年で満足、2年でツルツルというケースが多いようです。

安全性、肌や毛穴へのダメージの少なさ

脱毛器 - ★★★★☆
サロンやクリニックと比べてパワーは小さいとはいえ十分な出力がありますので、出力調節が強すぎたり、使い方を誤ったり、アフターケアを怠ったりすると肌や毛穴に負担を掛けてしまいます。全て自己責任ということを考えると、安全性は★を一つ削らざるを得ません。 ご自身に合った最適な出力を見極めて行いましょう。

サロン - ★★★★★
プロのエステティシャンが最適な出力を見極めて照射してくれるので、ダメージは少ないといえるでしょう。最近は、クリニックと提携して万が一のトラブルにも対応できるように備えているサロンが増えてきました。

クリニック - ★☆☆☆☆

病院だから安全と思う人も少なくないようですが、医療脱毛は危険度が最も高いです。危険だから医療機関にしか許されていないのだ、ということを忘れないようにしましょう。

サロンもクリニックも同じ脱毛なのに、なぜレーザーやニードルは医療機関にしか許されていないのかというと、それは強力な脱毛方法だと、毛穴内部の皮脂腺や汗腺などを焼いて塞いでしまう恐れがあるからです。もちろん、皮脂や汗を出すというのは体にとって重要な機能です。

それゆえ医療機関にしか許されておらず、この説明を医師から十分に受けて、それに納得して同意した人だけが受ける施術です。

また、脇汗が出やすい体質になってしまうこともあるようです。

万が一の時にも対応できるのが病院ですが、「対応できる」ということと、「元の綺麗な状態に戻してくれる」ということは別のことですので、注意して下さい。

料金の安さ

脱毛器 - ★★★★★
高いものだと10万円近くしますが、3万円位からあります。ですが安いものでオススメできる商品は今のところありません。カートリッジの寿命が短く何度もカートリッジを買い足さなければならなくなる商品もありますので、購入時にはこの点にも気をつけましょう。

★は5つ付けましたが、ワキだけなど部位が少ない場合はサロンの方がお得です。

サロン - ★★★☆☆
ワキの脱毛がキャンペーン価格「数百円」で完了まで出来るサロンが多くなってきました。

その他の部位は、全身を25部位くらいに分けて、これらは大小のパーツに区分されて料金がそれぞれ異なります。

1年間で6回の契約で例を挙げますと、
小パーツは15,000円~、大パーツは25,000円~です。(お店によって異なりります)

数カ所セットでぐっと安くなったりもしますし、全身まとめてのプランだと13万円~です。

クリニック - ★☆☆☆☆
最近では低料金で施術を行ってくれるクリニックが増えてきました。とはいえまだまだ高額なのが現状です。

1年間6回のコースで、全身を25部位くらいに分けて、
小さなパーツは2万5千円~、中くらいのパーツは6万円~、大きなパーツは10万円~です。(クリニックによって異なりります)

全身脱毛だと、首やアンダーヘアを含まないプラン6回で43万円~、本当の全身だと58万円~です。

痛みの少なさ

脱毛器 - ★★★★☆
事前冷却を行わずに光を照射するとかなり痛いですが、冷やすことで痛みはかなり軽減されます。

サロン - ★★★★★
やや痛みはありますが、冷却ジェルを塗ってから光を照射するので、かなり緩和されます。

クリニック - ★★☆☆☆
パワーが強いため痛みも激しいです。この痛みに耐えられずに途中でやめてしまう人も多いのだとか。痛みを軽減させるための麻酔を使用してくれるクリニックもありますが、もちろん麻酔は別料金となります。

手間の少なさ

脱毛器 - ★★★★☆
いつでも自宅でできるとはいえ、処理にはどうしても時間が掛かります。高速に処理できる脱毛器であればワキと両脚・腕、Vラインで30分くらいでできますが、普通の脱毛器では1時間~3時間くらい掛かってしまいます。

テレビでも観ながら空いた時間にするのが良いですね。

サロン - ★★★☆☆
予約した日時に、サロンに通わなくてはいけません。受付→待機→前処理→照射→アフターケアと、実際の処理以外にも時間が掛かります。ワキだけならお店にいる時間は30分程度、全身なら、数台のマシンで数人で処理してもらえれば1~2時間、マシン1台での処理だともっと掛かります。

クリニック - ★★☆☆☆
良いクリニックを探すのは難しいので、多くの場合は少し遠くのクリニックまで足を運ぶことになると思います。また、レーザーは照射面積が狭いので、サロンよりも処理時間が掛かってしまう傾向にあります。

その他、気をつけたいこと

家庭用脱毛器

家庭用脱毛器は、買ってしまった後で機械の性能を上げるということは出来ませんので、商品選びが重要です。機能や性能に満足できず、別の商品に買い換えると言ったケースもあるようですので、商品選びは慎重に行って下さい。

脱毛サロン

脱毛サロンで問題視されるのが、「しつこい勧誘」です。あまり断り続けるのも悪い気がしてきますし、断りづらくて大きな契約をしてしまったり、何よりも、いい気分がしませんよね。

広告には「勧誘なし」と書いてあるサロンでさえ、しつこく勧誘されたというケースもあるようです。ですが、やはり最低でも「しつこい勧誘なし」と宣言しているサロンを選ぶことをオススメします。

また、質の悪いサロンを選んでしまうと料金トラブルや、技術不足による照射漏れや肌トラブルなどを起こしてしまう場合がありますので、サロン選びは慎重に行って下さい。

法律的には、契約して8日以内であればクーリングオフ出来ますし、中途解約の場合は残りのサービス分の金額を返してもらえます。

ただし中途解約の場合はサロン側は消費者に違約金を請求することが出来ます。違約金は残りのサービス分の10%まで、この金額が2万円を超える場合でも上限は最大2万円です。

クリニック

中途解約は基本的には出来ませんが、クリニックによっては契約時に中途解約によるいくらかの返金を定めている場合もありますので、契約書は面倒がらずにしっかりと目を通しておきましょう。

クリニックで最も怖いのは、皮膚や毛穴のヤケド、また強い刺激による後遺症が残ってしまうことです。これはよほど病院側に落ち度がない限り病院側には責任がなく、この医療行為を受けると決断して契約書に判を押した患者の自己責任となります。

クリニックは料金だけでは選ばずに、本当に慎重に行うようにして下さい。

サロン・エステ 一覧脱毛器 一覧