眉毛の処理

眉毛顔の毛の中でも、その形で顔の雰囲気が全く変わってくるのが眉毛です。

眉毛について

眉毛

眉毛の生え方の悩み

毛が多めの方だと、おでこの産毛や左右の眉毛と繋がってしまう場合もあります。

生え方や量などは個人差がありますが、特に思春期になると眉毛周りのムダ毛は活発になります。一気に生えてきたように思えて、中学生のお子さんなどは自分なりに処理を始めたりするものです。

眉毛を整えるまた、女性にとっては、メイクを綺麗に仕上げる為にも眉毛のお手入れは欠かせませんよね。整える量や形によって、顔の印象が変わるというのはメイクをする女性なら誰でもわかることでしょう。

少し手を抜くとすぐに伸びてくる眉毛。毎日のお手入れや眉のメイクが面倒と感じる女性は少なくありません。中には眉部分を無毛にして、一気に手間を省く方もいらっしゃいます。

そして、現代では眉のお手入れは女性だけのものではありませんよね。男性の方で眉毛用の毛抜きを持っているという方は女性が想像するより遥かに多いようです。

眉毛や処理でよくあること

眉毛でよくあること

眉毛の悩みや失敗談、処理トラブル

  • 昔、眉毛を抜いていた部分が生えてこない。眉を描かないと外出できなくなった。すっぴんが恥ずかしい
  • 眉毛が太かったり、濃いことが悩み
  • 左右のバランスを上手に整えられない

こんな時に見られています。こんな風に思われているかも?

  • 眉の形がオカシイと、へんなあだ名を付けられがちです
  • 眉毛どうしが真ん中で繋がっている女性は、誰の目から見ても気になってしょうがないようです

眉毛の処理方法

眉毛の処理方法

眉毛の処理方法にはその後のメイク法などにも個人差がありますし、眉の整え方にもはやりがありますので、ここではカッコイイ眉毛の作り方は紹介しません。

自己処理するなら?

トリマー

ムダ毛用トリマー眉のムダ毛部分は剃る、抜くといった方法で余分な部分の毛を綺麗にする方法が一般的ですが、実はこの方法を繰り返していると将来的にシワやたるみが起こってしまいます。もしこれらの方法でムダ毛処理を行う場合は、毛を抜いた跡の毛穴にばい菌が入らないようなケアや保湿など、アフターケアはしっかりと行って下さい。

また、毛を抜くという処理を繰り返していると、毛根が弱って毛が生えにくくなる場合があります。眉毛の形には流行がありますので、眉の形を変えようと思ったときに毛が足りないということが起こりかねません。

トリマーは肌へのダメージが少ないムダ毛処理方法なので、お薦めです。

また、眉の伸びた部分をカットするのにはハサミがよく使われますが、トリマーには眉の長さを整えるパーツが付属しているタイプもありますので、人によっては重宝するかもしれません。

眉脱毛は?

脱毛眉の形には時代によって流行り廃りがあります。眉毛を脱毛して毛を生えなくしてしまうと、流行りの形が変わった時に困ったことになってしまいかねませんので、あまりお勧めはできません。