トリマーの特徴

トリマームダ毛処理用のトリマーは、産毛や細い毛の処理に向いており、太い毛には電気シェーバーの方が向いています。

肌の表面をサッサッとなでるだけでムダ毛がカットされて無くなりますので手軽で便利ですが、深剃りはできません。しかし細めの毛ならこれで十分目立たなくなります。

当サイトからの評価

仕上がり仕上がりの良さ
★★☆☆☆ 2pt

ムダ毛用トリマーでの処理イメージ深剃りはできませんので、仕上がりはイマイチです。でも細い毛ならこれで十分目立たなくなります。

仕上がり肌ダメージの少なさ
★★★★☆ 4pt

内刃は直接肌に当たりませんが、外刃のギザギザが少々肌を引っ掻くような感触があります。それでも、カミソリのように角質を削ることはありませんので、肌へのダメージは少ないといえるでしょう。

毛穴ダメージ毛穴ダメージの少なさ
★★★★★ 5pt

深剃りしませんので、毛穴にはほとんど無害な処理方法です。

費用費用の安さ
★★★★☆ 4pt

2,000円前後で手に入ります。替刃が意外と高いですが、そんなに交換しなくても大丈夫です。頻繁に使用するなら充電式の電池を使えば安く済みます。

手間手間の少なさ
★★★★☆ 4pt

準備は不要でササッと処理できます。アフターケアもしなくても大丈夫。
ただ、これで全身を処理しようとすると大変です。脇などにも使えないことはないですが…、基本的には産毛や細い毛を処理するモノです。

ムダ毛用トリマーってなに?

ムダ毛処理に使用するトリマーは、I字のカミソリのような形をしています。スティック状の小さなバリカンといった感じです。

電気シェーバーと似ていますが、少し違います。
シェーバーは「剃る(shave)」のに対して、トリマーは「刈る(trim)」といったイメージです。

具体的には、刃の使われ方が違います。

トリマーは重なったギザギザの2枚の刃が動くことで毛を刈ります。
固定された「外刃」の隙間に入り込んだ毛を、動く「内刃」がカットしていく仕組みです。
刃といっても、外刃の肌にあたる部分は丸くなっていますので安全です。

やり方のポイント

トリマーでムダ毛処理、やり方

  • 電源を入れたら内刃が動き出しますので、処理したい部分を軽くなでるだけです。
  • もし太い毛にも使用するなら、ゆっくりと動かすのがコツです。早すぎると刃に毛が噛んで止まります。
  • 面倒な準備やアフターケアは必要ありません。
    但し、肌に押し当てるような使用方法でムダ毛を処理した場合は、保湿ケアをしっかりと行って下さい。

 

フェリエの使い方

よく起こるトラブル

トリマーで起こるトラブル

トリマーは、肌の表面を滑らせるだけなので、多少は肌への摩擦があるもののダメージは少なく、トラブルはほとんどありません。

但し、キレイに処理するために少しでも深く剃ろうとして肌に押し当てるような使い方をすると、色素沈着肌荒れ、乾燥を起こしてしまいます。

ムダ毛用トリマーの選び方

ムダ毛処理用のトリマーにもいろいろありますが、最も有名なのが、パナソニックの「フェリエ(レビュー)」です。

トリマーは電気シェーバーと同じで、「外刃の厚み」の分はどうしても深剃りできません。ですので、「外刃が薄いこと」がとても重要となります。

そのため、約0.12mm薄刃の「フェリエ」が最も多くの人に選ばれています。

「フェイス用」と「ボディ用」

フェリエには、

  • フェイス用」 産毛のような細い毛用
  • ボディ用」 やや太い毛用

があります。

違いは、ボディ用の方が刃のギザギザの間隔がやや広めになっていて、太い毛も剃りやすいようになっていることす。

フェイス用がオススメ

フェイス用は腕や脚などのムダ毛にも使用できます。

ワキ毛やアンダーヘアのような太い毛にはボディ用の方が良いですが、それなら電気シェーバーを使った方が良いですし、フェイス用でもワキやアンダーの処理もできます。

ですので、基本的には「フェイス用」だけで良いと思います。