毛嚢炎(もうのうえん)・毛包炎

「毛のう炎」と言うと聞きなれない言葉かもしれませんが、これは毛穴トラブルの一つで決して珍しいものではなく、実際ほとんどの方が経験している皮膚病です。

発症時は赤い発疹のように見えますが、触ると熱を持っていたり痛みを感じたりします。それから更に炎症が進むと、ニキビの様に白っぽい膿をもつ毛のう炎へと悪化、そこまで進むと元のお肌に戻るまで数週間かかることもあります。

毛のう炎の原因

カミソリや毛抜きでの自己処理で毛穴が傷ついてしまう事がありますよね。そこへ雑菌が入り込んでしまうと毛穴が炎症反応を起こしてしまい、赤くぷっくりと腫れたようになるのです。

自己処理によって毛穴を傷つけてしまうのが一つ目の原因。更に、そこへ雑菌が侵入してしまうというのが二つ目の原因です。この二つが重なると「毛のう炎」を発症します。お肌が健康な状態でしたらブドウ球菌などの雑菌はもちろん侵入しません。

炎症が悪化してしまうと、熱を持ったり大きくはれ上がったりします。ひどい場合は痕が残ってしまいますので、腫れや痛みが続くようなら皮膚科などの受診をおすすめします。


毛のう炎の対処法

毛のう炎の対処法は、まず毛穴を傷つけない事です。特にお肌が乾燥している場合は、毛穴も傷つきやすくなっています。

処理中や処理後にヒリヒリした痛みを感じる時はお肌や毛穴が傷ついている証拠です。カミソリや毛抜きで自己処理を行う場合は、できるだけ刺激を与えないよう、事前にお肌を温めクリームなどで保湿と保護をしてから行ってください。

また、清潔な環境で行う事も欠かせません。カミソリや毛抜きなども清潔に管理して、処理後の保湿ケアで雑菌をブロックしましょう。