色素沈着(肌の黒ずみ)

ムダ毛の自己処理で起こりがちなのが肌の黒ずみです。特にワキや足に多く見られます。「色素沈着」と呼ばれることが多いですが、「摩擦黒皮症」と呼ばれる事もあります。

この黒ずみは一定の範囲のお肌の皮膚に現れることが多いですが、毛穴の皮膚にも起こりますので、毛穴が茶褐色にポツポツと汚く見えてしまうことがあります。

色素沈着の黒茶色の正体は、シミやソバカスと同様にメラニンによるものです。色素沈着は、その色の度合いによって深さがわかります。褐色なほど浅く、黒いほど深くて密度が高くなると言われています。

特に、日本人のような黄色人種は色素沈着を起こしやすく、中でも色の濃い部位や、元々色黒の人はさらに色素沈着が起こりやすいです。逆に白色人種は色素沈着を起こしにくいです。

色素沈着の原因

色素沈着の原因は、肌への強い刺激です。

カミソリや毛抜きで何度も繰り返し自己処理を行うことで、皮膚や毛穴の表面など決まった部分が多く刺激を受ける事になります。その刺激に反応してメラニンが集中してしまうのが色素沈着の原因です。

足や腕をカミソリや毛抜きで自己処理しただけでも肌への刺激となりますが、その状態の肌に紫外線を浴びたり、目の粗い洋服を着用したりすると更に肌への刺激が重なって、メラニンがより発生しやすくなります。

カミソリだけでなく、電気シェーバーやその他のムダ毛処理グッズを肌に強く押し付けて使用することも控えた方が良いですね。また、医療レーザー脱毛のようなハイパワーで刺激の強い脱毛方法でも色素沈着を起こす可能性があります。

もし自己処理で肌が赤くなるなど炎症を引き起こしてしまった場合は、症状が治まるまで直射日光にあたるのを避け、刺激の少ない衣類を着用する事を心がけて下さい。


色素沈着の対処法

すでに色素沈着を起こしてしまったお肌には、メラニン色素を薄くするビタミンCが効果的です。体内に取り入れるのはもちろん、スキンケア商品にもビタミンC配合の物を選ぶと良いでしょう。

また、肌の漂白剤として有名な「ハイドロキノン」が配合された化粧品を使うのも有効です。ただし、この成分は以前は医師の処方が必要だった成分ですので、取り扱いには注意が必要です。化粧品に配合されている程度であれば問題ありませんが、あまり高濃度な製品を使うと逆に白斑が出来てしまうかもしれません。

色素沈着させないためには、極力お肌に刺激を与えないのが鉄則です。

もし、ムダ毛の自己処理で色素沈着が起こってしまったのなら、同じ処理方法を続けているとさらに色素沈着は悪化する一方です。処理方法を改善するか、自己処理をやめない限り美しい肌を取り戻すことは出来ません。