熱線式の除毛器の特徴

熱線式の除毛器熱線式除毛器は、肌の上を滑らせることでムダ毛を熱で焼いて処理する機械です。

ヒートカッターは毛の長さを調節することしかできませんが、熱線式除毛機は毛の生え際近くから除毛することができます。

熱線式「脱毛器」と呼ばれる事もあるようですが、毛を抜けさせる効果は期待できません。

当サイトからの評価

仕上がり仕上がりの良さ
★★★☆☆ 3pt

熱線式の除毛器これは熱線で毛を焼く機械。熱線は肌から離れていますので、どうしても肌表面ギリギリで焼き切るということができません。また、短すぎる毛は熱線が届きません。
そのため、処理した直後でも多少のザラザラ感があります。
ただ、焼いた毛先が角張らないので、刃物で切るよりはチクチクしにくいです。

仕上がり肌ダメージの少なさ
★★☆☆☆ 2pt

正しい使い方をすれば問題ないはずですが、これ、けっこうヤケドする人が多いです。
また、熱線が皮膚に熱を浴びせますので、肌が乾燥しやすいです。

毛穴ダメージ毛穴ダメージの少なさ
★★★☆☆ 3pt

毛が焼けるほどの高熱が、毛を通して毛穴出口付近に伝わります。良くないですね。

費用費用の安さ
★★★★☆ 4pt

だいたい2~3万円くらい、けっこう高いです。使い続ければ元は取れると思いますが、使わなくなった、胡椒した、という意見も多いので、もしかしたら高い買い物になってしまう可能性も。

手間手間の少なさ
★★☆☆☆ 2pt

肌の上を滑らせるだけでササッと除毛…という訳にはいきません。脚や腕など肌の平らなところでも、けっこう時間が掛かります。肌の平らでない部分を処理しようとすると、もっと時間が掛かります。

やり方のポイント

熱線式除毛器でムダ毛処理、やり方

  • 電源を入れてレベル(温度設定)を調節します。
  • 肌に対して垂直に当てて、スーッと素早く動かすのがコツです。
  • 強く押し当てるようなことはしないで下さい。
    動きを止めたり、ゆっくり動かしたりという使い方もしないで下さい。
    ヤケドを起こす恐れがあります。
  • 処理が終わったら、肌についている毛のカスを取り除きます。
  • ムダ毛を処理した部分を、化粧水やクリームなどで保湿します。

よく起こるトラブル

熱線式除毛器で起こるトラブル

火傷

ヤケド

熱線式除毛機は、脱毛器の先端のカバー部分を肌の上を滑らせるような使い方をします。熱線はカバーの内側についているので通常の使い方をしていれば熱線が肌に直接触れることはありません。

ただし、より深く除毛しようとして肌に強く押しつけたり、滑らせる動きを止めたり、ゆっくり動かしたりという使い方をすると、肌をヤケドしてしまいます。


肌荒れ

肌荒れや乾燥

熱線式除毛機は肌を擦るような使い方はしませんが、多少は肌に摩擦を与えてしまいます。

また、熱線が直接肌に触れることはありませんが、熱を肌に浴びせていることに変わりありません。そのため熱による肌荒れや乾燥を起こしてしまいます。

熱線式の除毛器の選び方

熱線式除毛器選び

熱線式除毛機といっても、それほど種類はありません。選ぶとすれば、ヤーマンのno!no!HAIR(ノーノーヘア)になります。

以前は別の機種もあったのですが、もうほとんど見かけなくなってしまいました。