電気シェーバーの特徴

電気シェーバー電気シェーバーの良いところは安全性が高く、肌への負担も少ないところです。思い立ったらいつでもスグにムダ毛処理できるところも嬉しいですね。

ただ、カミソリほどの深剃りはできないので、仕上がりはイマイチなところと、処理頻度は多くなってしまうところが残念。

当サイトからの評価

仕上がり仕上がりの良さ
★★☆☆☆ 2pt

電気シェーバーでの処理イメージ外刃の厚みがある分、深剃りができません。ツルすべ…とはいきませんが、頻繁に処理するなら、普段の処理方法としては十分だと思います。

仕上がり肌ダメージの少なさ
★★★★☆ 4pt

内刃が肌に直接当たらないので、肌へのダメージは少ないです。ただし、深剃りしようと肌に擦りつけると、多少のダメージがあります。

毛穴ダメージ毛穴ダメージの少なさ
★★★★★ 5pt

内刃は毛穴には届きません。埋没毛も起こりにくいですし、毛穴にダメージはほとんどありません。

費用費用の安さ
★★★☆☆ 3pt

電池式なら2,000円前後、充電式なら4,000円前後で手に入ります。
本体も、ランニングコストもそれほど掛かりません。
アフターケアの化粧品も必要ないでしょう。

手間手間の少なさ
★★★☆☆ 3pt

深剃りできない分、頻繁な処理が必要です。
でも準備が要らない、いつでもできる、どこでもできる、アフターケア不要と、手間が少ないムダ毛処理方法です。

女性用の電気シェーバーって?

電気シェーバー(電気カミソリ)は男性の髭剃りにもよく使われますが、女性のムダ毛処理にも使われます。体用の電気シェーバーは、ボディーシェーバーやレディースシェーバーとも呼ばれます。

太めの毛や広い面積のムダ毛処理に向いており、細い毛や産毛、また指の毛や眉毛など細かい部分にはトリマーの方が向いています。

やり方のポイント

電気シェーバーでムダ毛処理、やり方

  • 肌が湿っていて電気シェーバーの滑りが悪いときには、プレケアとしてベビーパウダーを使うと便利です。
    肌がサラサラになって滑りがよくなり、肌へのダメージを抑えることができます。
    (できればシェービング剤を塗りたいところです。しかし髭剃り電気シェーバー用はありますが、ボディー用はあまり見かけませんね。)
  • 毛が長く伸びていると電気シェーバーは使えません。そんなときはトリマー等で毛を短くする必要があります。トリマーと一体になった電気シェーバーが便利です。
  • 肌に対してまっすぐにあてるのがコツです。少しくらいなら肌に押しつけても構いませんが、あまり強く押しつけるのはNGです。
  • 基本的にアフターケアは不要。でも肌に少しでも違和感を感じる場合は必ず保湿ケアを行って下さい。

よく起こるトラブル

電気シェーバーで起こるトラブル

色素沈着

色素沈着

肌に押しつけるような感じで使用すると、肌に摩擦が起こります。このように肌に刺激が加わると、その部分にメラニン色素が発生します。これを続けていると色素が肌に沈着してなかなかとれなくなってしまいます。


肌荒れ

肌荒れ

肌を擦るという行為は、肌を傷つけることにつながります。目に見えない小さな傷であろうと、細菌入り口としては十分な傷です。また、傷ついた肌からは水分保持機能が失われ、肌の美しさも失ってしまいます。

電気シェーバーの選び方

電気シェーバー選び

パナソニックの「サラシェ(レビュー)」、ブラウンの「シルク・エピル レディーシェーバー」が人気です。

女性用のものを選ぶ

男性のヒゲ用のシェーバーの方が高い分キレイに剃れる…なんてことはありません。むしろ剃り残しができやすいですし、お値段的にも割高になってしまいます。

女性用(ボディー用)のものを選びましょう。

防水つきがオススメ

防水付きだとお風呂でも使えますし、水洗いもできます。故障の原因となるホコリも機械部分に入りにくいので、長持ちしやすいです。