脱色剤の特徴

脱色剤脱色は、毛の黒い色素を薄くして毛を目立たなくするムダ毛処理方法です。

やり方は、脱色剤を塗って決められた時間そのまま放置して、あとは洗い流すだけです。

脱色はメリットが少ない割にはデメリットが大変大きい方法です。決してオススメできるムダ毛処理方法ではありません。

当サイトからの評価

仕上がり仕上がりの良さ
★☆☆☆☆ 1pt

脱色剤での処理イメージ毛の黒い色が薄くなって肌の色に近くなるので、遠目に見ると多少は目立ちにくくなります。
でも、照明や日光の下では毛に光がキラキラと反射して不自然に見えたり、逆に目立ってしまうことも。
触ると毛がチクチクすることはありませんが、毛の感触は確かにあります。

仕上がり肌ダメージの少なさ
★☆☆☆☆ 1pt

脱色剤は肌への刺激が強い薬剤です。かぶれたり、痒くなったり、肌にとってはダメージが大きいです。

毛穴ダメージ毛穴ダメージの少なさ
★★☆☆☆ 2pt

脱色剤を使うと、皮膚よりも少し下まで毛の色が抜けます。つまり毛穴にも入り込んでいるということです。
毛穴へのダメージは否めません。

費用費用の安さ
★★☆☆☆ 2pt

700円くらいで手に入ります。頻繁にする処理でもないので費用はそれほどでもないですが、コストパフォーマンスを考えると…やはり高いといえるでしょう。

手間手間の少なさ
★★★☆☆ 3pt

2種類の薬剤を混ぜて脱色剤を作る。10分~放置。洗い流す。そしてアフターケアも忘れずに。
面倒ですし、ちょっと大変です。

やり方のポイント

脱色剤

  • 肌に合わない場合もありますので、パッチテストを行って安全を確認したうえで使用しましょう。
  • 脱色したい部分に脱色剤を塗ります。
    数分~数十分程度で毛の色が抜けてきます。
    脱色できていることを確認したら、洗い流します。
  • 脱色剤を使用した肌はダメージを受けています。乾燥しやすくなっていますので、化粧水や保湿クリームなどで保湿ケアはしっかりと行って下さい。

よく起こるトラブル

脱色剤で起こるトラブル

 

肌荒れ

肌荒れ

刺激の強い薬品を使用しているため、肌への負担はどうしても大きくなってしまいます。場合によっては、使用した部位が炎症を起こすなどの肌トラブルも否めません。


色素沈着

色素沈着

肌への刺激が強い薬品ですから、使い続けると色素沈着を起こし、肌が黒っぽくなる可能性もあります。

また、常習的に脱色剤を使用することでシミの原因になるとも言われています。

脱色剤の選び方

毛髪用と同じですが、ボディ用の脱色剤がありますので、こちらを選びましょう。液垂れしないように、多くの場合クリーム状になっています。

2つの溶剤を混ぜ合わせるタイプと、混ぜ合わせずにそのまま使用できるタイプがあります。混ぜて使うタイプの方が強力ですが、その代わり混ぜてしまったら、取っておいて次回また使用するということは出来ません。

スピーディー、敏感肌用(マイルド)、無臭タイプなどあります。肌質や好みに合わせて選びましょう。

脱色剤はドラッグストアなどで入手することができます。