カミソリの特徴

カミソリカミソリでのムダ毛処理は、入浴のついでにできて、しかも手頃なお値段で購入できる、手軽な方法ですね。

しかし肌へのダメージが大きく、剃毛後の肌には透明感がありません。しかもカミソリでの処理を続けるとダメージはどんどん蓄積し、黒ずみや皮膚が厚くなるなど、お肌の美しさを失う原因となります。

当サイトからの評価

仕上がり仕上がりの良さ
★★★☆☆ 3pt

カミソリでの処理イメージ処理直後は比較的に見た目も良く、さわり心地もザラザラ感がありません。
でも翌日にはチクチクとし始めます。
脇やアンダーヘアなど毛が太い部分は、処理直後でも毛が黒くポツポツと、見た目はイマイチです。

仕上がり肌ダメージの少なさ
★☆☆☆☆ 1pt

カミソリは、毛と同時に表皮の角質も削っています。その結果、乾燥したり、細菌感染による炎症を起こします。
処理直後は肌に透明感がなく、カサカサします。
また繰り返すことで皮膚が厚く硬くなる、黒ずむなど、肌の美しさをどんどん失っていきます。

毛穴ダメージ毛穴ダメージの少なさ
★★★☆☆ 3pt

カミソリは毛穴の周りを少しずつ削っていきます。繰り返すと毛穴がぷっくりと膨らんできます。
また、カミソリでの処理は埋もれ毛(埋没毛)を起こしやすいです。埋もれた毛で毛穴内部が押し広げられて変形し、埋没毛の再発しやすい毛穴になってしまいます。

費用費用の安さ
★★★★☆ 4pt

カミソリ自体は安く、替え刃もそれほど高くありません。
でも、刃をこまめに交換したり、他にもシェービング剤や、アフターケア化粧品などに費用がかかります。
毎月の費用が合計400円だとしたら・・・、30年で14万4000円です。

手間手間の少なさ
★★★☆☆ 3pt

入浴のついでにできるのがカミソリの嬉しいところ。
でも、「手間が少ない」とはいえません。
毛は剃ってもスグに伸びてくるので、数日後にはまた剃らなければいけません。毎日、ほぼ全身の毛をカミソリで処理している方もいらっしゃいます。大変ですよね。

やり方のポイント

カミソリで処理、やり方

  • 毛が湿っている方が、柔らかくて剃りやすいです。
    入浴中ならついでに。蒸しタオルで蒸らしてもOK。
  • シェービング剤は必ず塗りましょう。(ワセリンでもOK)
    ボディーソープ剃りはダメ。肌を傷めます。
    何もつけずに剃る「空剃り」は、絶対NG!です。
  • 毛の生える方向に向かって剃ります。逆剃りはNGです。
  • 剃り方はやさしく。肌に刃を押しつけてはいけません。
    (押しつけないと剃れないようなら、刃を交換しましょう)
  • 剃毛後は湯船に入らない。(炎症の原因に)
  • アフターケアは必須です。剃毛後の皮膚は保湿機能やバリア機能が損なわれています。
  • 「カミソリ負け」してしまったら、オロナインが有効です。

よく起こるトラブル

カミソリで起こるトラブル

色素沈着

色素沈着

色素沈着は肌が黒ずんでしまうトラブルです。

これは肌が刺激を受けてメラニン色素が生成されることで起こります。特にカミソリでのムダ毛処理は肌への刺激が強く、長年続けていると肌が黒く汚くなってしまいがちです。


埋没毛

埋没毛(埋もれ毛)

埋没毛は、毛が皮膚の外に出ず、皮膚の内側で毛が伸びてしまうトラブルです。

カミソリで切った毛の断面には「角」があるため、毛穴の中で引っかかりやすいです。

引っかかった毛は外に出られず、毛穴の中でグルグルと伸びたり、毛穴の壁を突き破って皮下のあらぬ方向に伸びてしまうこともあります。


肌荒れ

肌荒れ、皮膚の硬化

カミソリで剃ったあとに起こる肌荒れ・炎症などは、「カミソリ負け」と呼ばれます。

カミソリでのムダ毛処理は、毛と一緒に肌の「角質」も削り取ってしまいます。

角質は肌の水分保持を担っており、削ってしまうと肌が乾燥します。

また角質は、ウィルスや細菌などから肌を守る「バリア」の役割をしています。バリアを失った皮膚からは、いとも簡単に細菌が侵入します。その結果、肌や毛穴が炎症を起こします。

それだけではなく、皮膚を削っては再生、削っては再生を繰り返すうちに、皮膚が厚く硬くなってしまうこともあります。


黒いポツポツ

黒いポツポツができる

カミソリで切った断面は太く、それだけでも黒くポツポツして見えます。

また、カミソリでの処理を続けると、毛穴の周りがぷっくりと盛り上がってくることがあります。盛り上がった毛穴の中の毛は、とても目立って見えます。

さらに、切れ味の悪いカミソリで処理を続けると、刃に毛が押されて毛穴が広がります。広がった毛穴には皮脂や角質が溜まりやすく、これらが酸化して黒ずんで、黒いポツポツになります。

もちろん、埋没毛(埋もれ毛)も黒くポツポツと見える原因の一つです。

カミソリの選び方

カミソリを選ぶ

切れ味の良いものを選ぶ

切れ味の悪いカミソリはキレイに処理できないだけでなく、肌を傷める原因にもなります。

なるべく刃の切れ味のよいカミソリを選んで、切れなくなったらすぐ交換しましょう。

刃の枚数

3枚刃~5枚刃など「刃」の枚数が多い方が、刃にかかる圧力が分散されるので、肌への負担を少なく処理できます。

5枚刃のようなヘッド部分が大きいカミソリは、広い面積の平らな部位には良いですが、細かい部位や凹凸のある部位は処理しにくいです。

T字と、I字(L字)

T字カミソリは体の広い面積に、
I字カミソリは顔の産毛や細かい部分の処理に向いています。

安全ガードの有無

刃に安全ガードの付いたものは少々剃り味が悪いかも知れません。
それでも、肌への負担や安全性を考えてガード付きのものをオススメします。

オススメのカミソリは?

当サイトのオススメは、
Schick クアトロ4 フォーウーマン」。

おすすめポイントは、「肌へのやさしさ」と、「安全性の高さ」です。

Schick(シック)が特許を持つ「セーフティーワイヤー」が、刃が肌に深く入ってしまうのを防いでくれるので、

  • 深剃りしすぎないので肌を傷めにくい
  • 皮膚を切る怪我をしにくい

のが特徴です。

4枚刃なので5枚刃の製品より刃の枚数が少なく、しかもワイヤーが邪魔で、「剃り心地」に不満のある方もいらっしゃるかもしれません。

それでも「肌ダメージ」や、特に「万一の大ケガ」は、起こってから後悔しても遅いので、肌に優しく安全性の高い「Schick クアトロ4 フォーウーマン」をオススメします。
(ドラッグストア等で購入できます。)

ちなみに、
同じくSchickの「ハイドロシルク」は5枚刃で安全ガードがついていますが、ワイヤーではありません。
Gillette(ジレット)の「ヴィーナス」シリーズは、安全ガードがありません。