電動毛抜きの特徴

電動毛抜き ソイエ電動毛抜きは、面倒な毛抜き作業を素早く行える手のひらサイズの機械です。Panasonicの「ソイエ」が最も有名です。

とても便利な機械なのですが、ただでさえトラブルの多い「毛抜き」というムダ毛処理方法の中でも、さらにトラブルが多い方法です。

電動毛抜きは、ピンセットでの毛抜き以上に「絶対に!やって欲しくないムダ毛処理方法」です。

当サイトからの評価

仕上がり仕上がりの良さ
★★★★☆ 4pt

電動毛抜きの処理イメージ抜けた毛はなくなりますが、抜き損じる毛がけっこうあります。特に、1ミリ未満の短い毛は抜けにくいです。抜けた毛は伸びてきてもチクチクしにくいです。

仕上がり肌ダメージの少なさ
★★★★☆ 4pt

使い方にもよりますが、肌に押しつけなければダメージは少ないです。ただし、押しつけて使用すると先端のグルグル回るローラーが肌を擦ります。

毛穴ダメージ毛穴ダメージの少なさ
★☆☆☆☆ 1pt

毛穴には本当に良くないです。埋没毛(埋もれ毛)ができた、毛穴がポツポツしてきた、黒いブツブツができた、これが使用をやめる理由の多くです。

費用費用の安さ
★★★☆☆ 3pt

機械は1万円前後と決して安くはありませんが、手に入れてしまえばあとは充電の電気代だけ。

手間手間の少なさ
★★★☆☆ 3pt

毛が抜けてまた生えてくるまでは数週間。でも次々に別の毛が伸びてくるので、だいたい週1回くらいのペースで処理が必要です。
抜き損じた毛の処理やアフターケアを考えると、楽な処理方法とはいえません。

電動毛抜きの仕組

電動毛抜きの先端部には回転するローラーが付いています。ローラーには毛を挟み込む板がたくさん付いていて、ローラーが最上部に達すると板が毛を掴みます。さらにローラーが回転すると掴んだ毛を離します。これの繰り返しで、どんどん毛を挟み込んで抜いていきます。

やり方のポイント

電動毛抜きでムダ毛処理、やり方

  • ばい菌の侵入を防ぐため、肌は清潔な状態で
  • 蒸しタオルや入浴で肌を温めておくと、毛穴が開いて抜けやすい
  • 毛は2~3ミリがベスト。長くても短くても抜けにくい
  • 肌に対して、なるべく真っ直ぐに当てて、滑らせる
  • 保湿などアフターケアは必須!
  • 処理後の肌は清潔に保つ(感染症を防ぐ)

よく起こるトラブル

電動毛抜きで起こるトラブル

埋没毛

埋没毛

埋没毛は皮膚の下で毛が伸びたり、毛穴の中で毛がくるくるとトグロを巻いて伸びるトラブルです。電動毛抜きでの処理を行うと、この埋没毛が本当に出来やすいです。


毛嚢炎

毛嚢炎

毛を抜いた毛穴にばい菌が入ってニキビのように炎症を起こすトラブルです。キレイに治さないと跡になって残ってしまう恐れがあります。


色素沈着

色素沈着

色素沈着は肌がダメージを受けると茶色く変色してしまうトラブルですが、これが毛穴に起こるととても醜いです。


黒いポツポツ

黒いポツポツができる

上で説明した「埋没毛」や、「毛穴の色素沈着」、また、毛抜きで広がってしまった毛穴に角栓が溜まって黒く酸化したものが、肌に黒いポツポツ、ブツブツになって見えます。


出血

血が出る

毛を無理やりに引きちぎるわけですから、毛穴の底から血が出ることがあります。また、毛根部が毛穴を通過するときに、毛穴内部の側面を傷つけますので、これも血が出てしまう原因となります。

電動毛抜きの選び方

電動毛抜き選び

お風呂で使える「防水タイプ」と、安価な「非防水タイプ」があります。

最近の機種の中には、毛抜き時の痛みを少し軽減する設計になっているものがあります。仕組は、毛穴の出口付近の肌を抑えることで皮膚が引っ張られるのを防ぐ、というものです。

アタッチメントが付属されている機種の場合は、先端部のアタッチメントを付け替えることで「脚・腕用」、「ワキ・Vライン用」など部位別の電動毛抜きになったり、電気シェーバーになったり、足のかかとの角質削りになったりもします。

最も有名なのはPanasonicのソイエでしょう。その他にもBraunのシルクエピルなど色々ありますが、知名度の差もあり、やはりソイエを選ぶ人が圧倒的に多いようです。