除毛剤(脱毛クリーム)の特徴

除毛剤(脱毛クリーム)除毛剤は、薬剤で毛を溶かしてすムダ毛処理方法です。

問題は、毛だけでなく皮膚も溶かしてしまうことです。肌への負担が大きいムダ毛処理方法ですので、頻繁な使用は避けるようにしましょう。

当サイトからの評価

仕上がり仕上がりの良さ
★★★★☆ 4pt

脱毛クリームの処理イメージ肌表面よりもやや下まで毛を溶かすことができます。しかも毛先が丸くなるので毛がポツポツ見えにくく、チクチクしにくいです。

「毛」に関してのみいえば、仕上がりの良い処理方法だといえるでしょう。
ただし、「肌」は美しさを保てません。

仕上がり肌ダメージの少なさ
★☆☆☆☆ 1pt

毛を溶かす成分は肌をも溶かします。肌のバリアである角質を溶かし、しみ込んでくるとピリピリとした痛みがあります。

毛穴ダメージ毛穴ダメージの少なさ
★★☆☆☆ 2pt

除毛剤は肌表面よりも少し下の毛も溶かすことができます。つまり毛穴内部に侵入しているということです。当然、毛穴にもダメージを与えます。

費用費用の安さ
★☆☆☆☆ 1pt

安いものだと700円前後。安いですが除毛クリームだけで日頃のムダ毛処理をしようとすると、なかなかの金額になってしまいます。使うなら、特別なときだけの使用をオススメします。

手間手間の少なさ
★★☆☆☆ 2pt

塗って10分~放置するだけ、といえば楽チンそうに聞こえますが…。
部屋でやるといろんなところにクリームが付いてしまって大変です。そのためお風呂でやるのですが、何もせずに10分以上も待っているのは苦痛ですし、冬場は寒くて辛いです。

除毛剤ってなに?

脱毛剤や脱毛クリーム、他にも除毛クリームやヘアリムーバーなど、いろんな呼ばれ方をしますが全て同じものです。

どの商品にもチオグリコール酸カルシウムというアルカリ性の成分が入っていて、これが毛を溶かすという仕組です。

ちなみに、粘着性のあるワックスを塗って剥がして一気に毛を抜く、「脱毛ワックス」のことを脱毛剤と呼ぶこともありますが、ここでは脱毛剤は除毛剤と同じく、毛を溶かす薬剤としてご説明します。

脱毛クリームで毛は抜けない

除毛」とは、皮膚より上の毛を取り除くことです。
一方「脱毛」とは、本来は毛が抜けることを意味します。

除毛剤は、「脱毛クリーム」など名前に「脱毛」と付く呼ばれ方をする場合があります。そのため、使うと毛が抜けるように思われがちですが、残念ながら毛は抜けません。

もし商品に「スルッと抜ける!」と書かれていても、本当は抜けずに溶けるだけです。

やり方のポイント

除毛剤でムダ毛を溶かす、やり方

  • パッチテストは必ず行う
  • 肌は乾いた状態で
  • 毛が隠れるくらい塗る。少ないと効果は薄く、多すぎても効果が高いという事はない
  • 様子を見ながら10分程度放置
  • しっかりと洗い流す。すすぎ残しはトラブルの元!

よく起こるトラブル

除毛クリームで起こるトラブル


肌荒れ

肌荒れ

毛を溶かす成分は、肌にも少なからず悪い影響を及ぼします。なぜなら、毛も肌も同じくタンパク質でできているからです。

肌の角質層は毛ほど簡単には溶けませんが、それでも時間をおくと大きなダメージを受けます。すると、肌を守ったり保湿する力が弱くなり、肌荒れや乾燥を起こしてしまいます。


色素沈着

色素沈着

ダメージを受けた肌はメラニンを生成します。これが肌に沈着して肌が黒っぽくなってしまいます。


黒いポツポツ

黒いポツポツができる

薬剤はクリーム状になっていますので、毛穴の内部にも入り込むことがあります。そして毛穴内部にダメージを与えてしまいます。

ダメージを受けた毛穴が広がって中に黒いものが溜まる、毛穴が色素沈着を起こす、また毛穴に傷跡が残る。これらが黒くポツポツ、ブツブツとして見えてしまいます。

脱毛クリームの選び方

除毛クリームを選ぶ

普通肌用、敏感肌用などがあります。敏感肌用は毛を溶かす強さが弱く、しっかり除毛するには時間を長く置く必要があります。

使用できる部位は、商品によって異なります。基本的には、ワキや脚、腕には使えます。

ですが顔や背中、性器周り(Iライン)など肌のデリケートな部分には使用できないことが多いです。「全身に使える」と書いてあっても、注意書きには顔やアンダーヘアには使用できないと書かれていることが多いので、注意して下さい。

中には、髭やアンダーにも使えるという商品もありますので、使用したい部位に合わせて商品を選びましょう。

価格は600円~3000円くらいです。
ヴィート(Veet)やエピラット(epilat)が安価で人気が高く、ドラッグストアでも購入することができます。